過去の全記事は⇒ サイトマップ

英会話、話すときは「短く、短く。」と念じよう。

このブログでもずっと、英会話を勉強するにあたってのコツ、例えば

「まず、表現のバリエーションを増やしておこう」とか、
「あいづちとあいさつを大事にしよう」とか、
「話す前に相手の話をよく聞くことに力を注ごう」といったことを書いてきてますが、

今日はも一つ、英語で話をする時の、シンプルなコツをご紹介しておきます。
(ただし、すでに流暢な方は想定していません、コレ初心者向けですから、念のため(笑)。)

もう、これは一言で終わってしまう、アドバイスですが。

「会話の一つの文を短く、短く。」と、内心で念じながら、おしゃべりするようにすることです。

英会話ができない、といってもどういう種類の「できなさ」なのか、はもう様々ですが、つまってしまう主なパターンのひとつに、「複雑なストーリーを展開しようとして、収拾がつかなくなる」というのがあります。

ま、英語に限らず日本語でも、オチというか結論に至るまでに、話が相当あちこちに飛んで、全体の筋がなんだかよくわからない話し方をする人は、珍しくないですよね。

「あのヒト、結局何を言いたかったんだろ?」と、聞く側が思わずいぶかってしまうような。英語で会話を楽しみたいと思ったときにも、つい同じ感覚で、「色々なコンテンツを含んだ長いストーリー」をいっぺんに展開しようと、自分のアタマの中で一人アセってしまいがちなわけです。

「あれ、××って英語でなんて言ったっけ?」「この言い方でよかったかな?wouldを入れなかったんでちょっと失礼だったかも?」などと、忙しく他の懸案もいっぺんに並行処理しようとするから(笑)、アタマの中がパニックになってしまったりします。

そうは言っても、Practice makes perfect.
一朝一夕の解決方法は無し、しょせんは場数を踏まないと、英会話もなかなか上手くはなりません。

が、一つのコツとして、ちょっと長めのストーリーを話したい時は、「アタマの中で内容を分割して、話す一文一文を短くすることを、意識する」ようにしてみましょう。

「長い文を何本かつなげて流暢に伝える」イメージを目指すよりも、「短い文をたくさん重ねて、言いたいことを確実に伝える」という実用路線、でいくわけです。

「短めに、短めに」と、英語で会話をするときには、自分の心の内で、強烈に意識しておく。
そうすると、少し心を落ち着かせて、話ができるようになりますよ。

お試しあれ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.