過去の全記事は⇒ サイトマップ

(8)TOEICについて色々

前回はちょっと話が違う方向にいっちゃいましたが。

今日はリスニングの勘所について、ちょっとコツと思う部分を書いてみます。
「経験者は語る」というヤツね(笑)。

と言っても、これはオリジナリティはゼンゼン無くて、いってみれば当たり前のことなんですがね。。

まず最初に、問題となる文章なり会話フレーズなりがひととおり読まれて、いよいよ問、Questionの部分にさしかかった時。

この時に、ですね…

スポンサーリンク



「最初の一発目の語やフレーズに全神経を集中して、聴き取る!」つもりでいくこと、ですね。

英語に限らずヨーロッパ系言語での会話は大体、一番大事なことが一番先頭に来ますから。

一部の日本語のように、最後まで聞かないと何が言いたいのかわからない、というケースはもうぐっと少ないというか、少なくともこの試験では出題されないわけです。

まず一番大事なところを確実に聴き取る。そういう練習をする。
いわゆる「5W1H」というヤツです。

会話の相手方が求めて問うているのは、Why?なのかWho?なのか。
同じHowからはじまっても、How long ?なのか、How many? なのか。

まずここを、正しく聴き取りにいく。
いや、その後は気を抜いていい、とまではいいませんが(笑)。

でもここが最低限つかめていると、まずはそれだけでも4択の肢からひとつかふたつ位は、関係ナイものを除くことができたりします。

そうなると4択が2択になって、残りがイマイチわからなくても、確率が50%に大幅アップ!って、あてずっぽうでやってるわけじゃないですね…スミマセン。

でも、こういう試験テクニック的な部分を知って活用することで、スコアが上がることそれ自体は悪くはない、と思うのですよ。

ほら、この間の「(4)TOEICについて色々」で書いたように、TOEICスコアは、ある種の相関性は確実にあるにせよ、英語・英会話の実力そのものではないので。

よいスコアをとることを目的とするならば、そのために有効と思える方法を色々試してみるのも、またいいんじゃないでしょうかね。

あ、でもこの最初の一語に神経を集中する、というのは普通の英会話リスニングでも、そのままあてはまりますけどね、アクセントも当然グッと強くかかってますし。

もったいぶったわりには常識的なおハナシを長々として、スミマセン(笑)。

この辺についてはですね、

「TOEIC試験を作成する側は、受験者の英語リスニング・リーディングの力をできるだけ適切・正確に測るために、一体どういう発想をもって、どんなふうに問題を作ろうとしているか」を、

「受験者として、相手の視点にたって、想像力を働かせてみる」こと。

これが結構、大事なところだと思います。

次回に続くぅ~!

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.