過去の全記事は⇒ サイトマップ

(7)TOEICについて色々


この日記のTOEIC編も、なんだか段々と回数が増えてまいりました。

しかし、気にせずとりあえず別の話題に移りたくなるまで、このまま書き飽きるまでいってみたいと思います。

昨日は、リスニングセクションのなかではダントツに難しい「パート4」の攻略法として、「限られた時間の中で、なんとか空き時間をセコセコ作って、解答の肢を先にチラチラとみておくとよい」と書きました。

まあ、一発目に受けるときは、普通ドキドキするわ、時間に追われて焦ってるわ、ってなもんですから、こういう余裕はなかなかでてこないんですけど。

しかし、受験回数が3回も過ぎる頃から、わずか数秒の空き時間を捻出することが、なぜか!結構できるようになってくるんですね~。
不思議ですね~。

ただ勘違いしないようにしたいのは、これがイコール英語の実力がアップした、というわけではないのですよ。

たぶん一番の理由、それは自分の頭と目がTOEICのスピードに慣れてきた、というところだと、思うんですね。
訓練のタマモノというか(別に訓練じゃないって・笑)。

だから、極論を思わず言っちゃうとですね、TOEICでいいスコアをとるための、あなどれない(笑)アプローチ・・・それは!(笑)。

スポンサーリンク



それは「受験間隔を空けずに、何回も受験すること」だと、ワタクシは思っているんですよ。

この試験を受ける目的が、「高いスコアの獲得」にあるヒトは、例えば3~4回の受験回数で最終的に目標スコアに届かせることを目指して、1回目と2回目は本番ではあるものの、同時に3回目、いわば最終リハーサルに向けて受験する。

そして4回目がいよいよ本番、ここで自分の調子をトップギアにもってくるようにする。

こういう発想もあっていいんじゃないか、と思いますが。

え?何回も受ける受験料がもったいない?

そうでしょうかね~でも、数回の挑戦を経て、自分の目指すスコアについに届いたときの、充実感と達成感を想像してみてくださいよ。

それを得るための対価として、そんなにコスト高で無駄なお金を投じたことになるとは、ドナには思えないのですが…。

まあ、これはあくまでひとつの考え方、試験へのアプローチということですけれど、ね。

今日はリスニング対策の勘所をひとつ書くつもりで、話がついほかのほうへ行っちゃいました…また次回に書きますね!

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.