過去の全記事は⇒ サイトマップ

独学で英会話を学ぶアナタにこそ読んで欲しい、このオススメ本。


前回に引き続いて本日も、英語・英会話上達のための良書を一冊、ご紹介します。


元祖! スピードスピーキング―英会話の正体 速話-あなたの英語を劇的に変える練習法 (山本大 著 国際語学社、1,365円)


この山本さんの著書「英会話の正体」は、以前も当サイトでおすすめ本としてご紹介していますが(  英会話学習本、近頃は良書多し。またまた、必読の一冊。 )、前著の続編となる本書も、英語とりわけ英会話の学習者にとっては、これまでの英会話指南本にはなかなかお目にかかれないような気づきが、盛りだくさんです。

巷のバカ高い英会話商材や英会話学校にお金をつぎ込む前に、まず前著とこの本の二冊にちゃんと目を通しておくことを、オススメしたいですね。


実はこの本のメインコンセプトである「英語より日本語のほうが、話すスピードが速い」という点には、個人的にはそれほどの驚きはありませんでした。

というか、「英語・日本語どちらでも、速く話されるとついていけないくらいに速くなるときがある」と、ワタクシはずっと感じていたので。

ワタクシなぞ、日本語の会話ですら、しゃべりの速い人の場合はその速さについていけなくて、聞き落とすことなぞしょっちゅうです。

音としても中味としても、まったくアタマの中に残らなくて、「え、今なんて言ったの?」ということが、珍しくないのですが。

だから、この本のなかの「英語は話されるスピードが速すぎてついていけない、と嘆いている生徒がいるが、それは誤りだ。会話の中味を省略して、単語一語などで話すことが多い日本語のほうが、実は時間的には速いのだ。」という部分を読んだとき、英語が日本語より速いと感じている学習者の人って、世間にそんなに多いんだ…と、正直感じました。


…あ、話を戻しますね。

著者は、次のように主張します。

日本語は省略による時間の節約が可能であるのに対して、英語は基本的に主語+述語を必要とする言語であるために、同じ状況を述べるときであっても、明確に説明するために語数を省かない英語のほうが、どうしても長くなる。

したがって、きちんと英会話を成立させるためには、長い文章(8~15ワードくらいのセンテンス)を、区切らずにひと息で言いきる、ひとつのまとまった意味の固まりとして吐き出す(練習をする)ことが、非常に重要である。

速いスピードを聴き取るためにリスニングの重要性だけが強調される風潮にあるが、もっと大切なのは速く話すこと、「スピード・スピーキング」である。


…ではナゼに、「速く話す」ことが、そんなに重要なのか?

ここからは本書内の「聴くと話すは大違い!」の章をぜひお読みいただきたいと思いますが、論理も明快、ワタクシとしては深く納得いたしました。

「スピードスピーキング」とか「音記」とか聞きなれないコトバがでてくるわりに、その主張がすんなりとアタマに入るのは、長年日本人の英語・英会話学習者が何に悩み、どこでつまずくのかを見続けてきた現場体験を、学習者の目線にたちながらもきちんと理屈として説明しようとする著者の姿勢が、行間に自然とにじみでてきているからでしょう。


以前このブログで「英語がうまくなりたければ日本語は使うな、文法書は不要、英語ですべて考えろ」という、某脳科学者の書いた英語上達本をヤユしたことがありますが、英語・英会話の上達本は、主張やアプローチ法がホントに正反対というか、対極にあるものが珍しくありません。

だから初学者の人ほど、大層な物言いや肩書きなどに惑わされず、自分にあった一冊を多くのマガイモノの中からかき分けるように、選び出していかなければならないわけで。

勉強をはじめた頃、見抜く目の弱い時期こそがホント、大変なわけです。
売り込む側からすれば、絶好のターゲット(カモ?)なんでしょうけどね。


…また話がそれたようで。

さて、この著者の考え方に共鳴する部分は個人的には多いのですが、なかでも前著から一貫して主張されている「英会話の練習は一人でできる。最重要項目は、自分1人の練習、口頭練習である。」というメッセージには、とりわけ全面的に賛成します。

会話には確かに1人以上の相手が必要ですが、その「会話をするための練習」はむしろ他の人を排除して、1人で徹底的にやりこむ必要があるわけです。


一人でぶつぶつと練習する必要があるのは、なにも結婚式のスピーチだけじゃないんです。

こんなに大事なことがあまり喧伝されないのは、あんまりこの「おひとりさま英会話学習」の思想が広まってしまうと、きっと英会話産業界が大打撃を受けて困ってしまうからだろう…と勝手に思ってはいますが。


だから、周囲に誰もいない、英会話学校に行くお金もない…という独学状態の人こそ、むしろ英語・英会話の上達には理想的な環境だと、ワタクシは思いますよ。

本日紹介したような良書だって、いまや日本中どこにいても、ネット経由で手に入るいい時代ですしね。


前著と同じく、「15ワードくらいまでだったらいつでもひと息でツルツルと話せるよ」という方以外に(笑)ぜひ目を通していただきたい、オススメの一冊です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.