過去の全記事は⇒ サイトマップ

好きな英語の歌をひとり口ずさむことは、おすすめのスピーキング練習。


前回、英語で話す相手がいなければ、おひとり様でリスニングに励もう、それで十分うまくなるから、といった趣旨の話をしました。

ま、そのとおりなのですが、今一度読み返してみると、もうちょっと説明をつけ加えておいたほうがよいかな?と思いましたので、ちょっと書き足しておきます。

「スピーキングの練習相手がいなくたって、やりようはある」とは申しましたが、それはイコール「まったく英語を声にだしてしゃべる練習をせずともよい」、という趣旨ではありませんので、そこのところはお間違えなく。

いくらなんでも、ずっと黙ったまま、アタマの中だけで英語を飛び交わせているだけでは、発声練習をあまりに怠けすぎ。
いざホントに相手と話す段階で、口から言葉が思うようにでてこない…といったことにも、なりかねませんから。


最近、とある脳神経外科のお医者さんが書いた本を、読んだのですが。

それによれば、頭の中で考える部分、すなわち脳の「思考系」部分を活性化させるには、足・手・口などのいわゆる脳の「運動系」にあたる部分を意識して使うことが、やはり役立つようです。

そうすることで脳の血流がよくなり、情報を出し入れする機能も、総合的にパワーアップするんだそうです。

「思考系」部分の活性化のために、「運動系」機能との連携プレーが必要だそうで、特に会話の機会が少ない人は、「音読」を生活習慣に取り入れるとよいそうですよ。


ワタクシ、自分を振り返ってみれば、本格的にまとまった音読練習をした覚えはないのですが、新しいフレーズや発音しにくい単語をおぼえるときなどは、声に出して数回ブツブツ言ってみるくらいのことは、もちろんやっています。

フレーズを口にするときにはなるべく感情を込めて(「オォゥ、ゼェッツ、リディイキュルス!」といった風に)、単語を口にするときにはアクセント部分を強く押し出す感じで、ブツブツと「実際に口に出して」みるくらいのことは、練習相手がおらずとも、日頃から一応できる範囲ではやっているわけです。


さもないと、イザというときの一発勝負になってしまうし、会話嫌いな口重のオッサンになってしまっても、カッコ悪いしなぁ…などと、英会話と関係のない心配もあって、その回避のため、意識してやっている面もあるのですが。

スポンサーリンク




ま、周りに人が多すぎて、一人であんまりブツブツ言ってると「なんだかアブナイ奴」と思われかねん…という環境の方も、いるかもしれませんね。

以前も書きましたが、そういう時は好きな洋楽アーティストの曲を小声で口ずさんだりするのが、一番いいかもしれませんね。


歌ならば、一人で歌っているところを見られたとしても、ほら、まだゴマカしやすいですし(いつまでも歌ってると、それはそれで、アブナく見えちゃいますが)。

原曲の歌詞の意味をよくわかったうえで、できるだけ曲の雰囲気に近づくようイメージしながら、実際に英語で声に出して歌ってみること。

これはとてもよいスピーキングの練習になりますし、アナタの大脳の「運動系」と「思考系」部分も、きっと思いっきり喜んじゃうと思います。


一曲、頭から終わりまで完全に口ずさめる洋楽を、アナタは何曲くらい、持っていますか?


そういう曲を増やしていくと、アナタが英語を話すための障害と感じていることが、なんだか一枚ずつ薄皮がはがれるように、取り除かれているような気持ちに、だんだんなってくると思いますよ。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.