過去の全記事は⇒ サイトマップ

「話す練習」の相手がいなくたって、「聴く」練習で会話力を伸ばせる。

今朝、新聞を開いてみると、小さな囲み記事を見つけました。

TOEICを実施する(財)国際ビジネスコミュニケーション協会が、20代から30代の四百名を対象に、ネットでアンケート調査を行った結果だそうです。

英語重要だが「何もせず」 ビジネスマン、OL対象の調査
(2007年8月19日付 北海道新聞)

400名という少なすぎるサンプル数でのネットアンケートなので、うのみにするわけにもいきませんが、要するに「英語は自分から話せるようになりたいが、その目的達成のための具体的アクションは、何もしていない。」ということのようです。

実はワタクシ、この「何もやっとらん」の部分は、たぶんにケンソンが混じっているんじゃないか?と思っているんですがね。

意外と(失礼)皆さん、それなりに、日々コツコツと、何かしらの勉強なり努力なりは、おそらくされていると思いますよ。

ただ「胸をはって、言うほどのものでも…」くらいに内心は思っているから、「何もしていない」のところに、とりあえずマークをしたんじゃないでしょうかね。


ま、それはいいとして、ちょっと興味深かったのが、英語の発信能力を伸ばすためにやっていることとして、一位回答の「何もしていない」の次、少ないながらも二位につけたのが「英語の話せる友人や恋人をつくる」というところ。

これには笑ってしまいました。
オイオイ、そんな打算的な恋愛や友情関係でイイのか?

そもそも相手にもすぐ見抜かれると思うんですけどね、「コイツ、英会話のトレーニングコーチ欲しさに、自分に接近しているな」、ということが。


ところで、実際問題として「何かはやっている」はずだと思うのですが、「英語の発信能力を鍛えるために必ずしも相手は必要ない」、ということは、ここで強調しておきたいですね。

ライティングのほうは説明せずともわかりますよね、一人でコツコツできる。

世間的には、「相手がいないとスピーキングの練習ができない→結果として、英会話がうまくならない」という考え方がまだはびこっているようですので、これを訂正しておきたいですね。

「話す練習」の相手なぞいなくたって、英会話は、かなりうまくなりますよ。

ワタクシもどちらかといえば、そのクチですし。
ま、ワタクシは置いとくとしても、世間でには、ネイティブとのスピーキング練習など経験せずとも、英会話にさほど不自由しない、俗に言う英語ペラペラの人や英語の達人などは、もういくらでもいますから。

だから、無理して「外人のオトモダチを急いで作らなきゃ!」などと、考える必要はまったくないんですよ。

スポンサーリンク




相手もおらず、一人で話す練習をどうやってやるかは、そのうちまた書き足していきますけど、基本はリスニング・聴き取り訓練にあります。

聴き取りの練習ならば、一人きりで、CD・DVD、TVニュースなどを使っていくらでもできるでしょう?
話す相手がいなければその分、聴く練習をすることです。

リスニングをひたすら、真剣にやる。
それがすなわち、話す練習にもなっている
のです。

聞くことと話すことはそもそもが表裏一体で、片方だけで独立して、立っているわけじゃないので。

相手のいうことがほとんど聴き取れる・わかる状態になれば、その人はもうすでに、英語を結構話すことができるはずですよ。

とにかく、「相手を見つけて話す練習をしなければ、会話はうまくならない」ということの意味を、取り違えないようにしましょう。

相手がいて、話す練習を続けると、会話表現が洗練されてなめらかになったり、以前より臨機応変に対応できて会話がスムーズに進んだり、口下手だったのが積極的になったり。
そういった効果は、もちろん期待できます。

ただ、「ごく普通程度に、英会話ができるようになる」という水準をアナタが求めているのならば、これは相手がおらずとも、必ずできるようになります。

そのためにできることは、ひとりでも「英語を聴く力、聴き取る力」を磨き続けることです。


「何もしていない」などと斜に構えたセリフは、いまよりもっとずっと英会話がうまくなった後のために、とっておきましょうよ。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.