過去の全記事は⇒ サイトマップ

外国人力士が日本語がうまいのは、アタリマエ。(2)

外国人力士が日本語がうまいことは驚くに値しない、という前回からの続きです(今回はじめて読まれる方は、前回もお読みくださいね。)

24時間日本語漬けの環境にいて、TVのインタビューで日本語でよどみなく受け答えするこのような外国人力士を見て、「日本の英語教育にも、活かせるヒントがある」、そして「本当に英語をモノにしたいのなら、『英語を学ぶ』ではなく、『英語で何かを学ぶ』精神でいくべきだ」と、この記事を寄稿された方は続けています。

この辺から、「エ、その結論、ちょっと違うかも?」と思ったわけですね。

まず、「日本の英語教育に活かせるヒント」とは、一体なんでしょうか。

記事を読む限りでは、ワタクシにはどうしても、「英語を集中的に使う環境のもとに学生たちを置いて、英語以外の何かを学ばせるやり方を、日本の英語教育にも取り入れていくべきだ」と言いたいように、読めてしまいます。

これは、まず現実問題として、日本の英語教育をそう持っていくこと自体が、かなり難しいですよね。

極論を言えば、そのためにはこの日本で「24時間えいご漬け」という環境を一定期間(最低でも1年くらい必要では)実現しなければならないと思いますが、英語の他にもいろいろ教えなければならない学校教育で、それをどうやって実現しろというのでしょうか?

それとも、よく英会話学校でやっている「レッスン中は日本語禁止」を、学校の授業に取り入れるということでしょうか?

効果ゼロとまでは言いませんけど、まず数年は様子を見ないと効果のほどは計れないでしょうし、とても日本語を流暢に話す外国人力士のようにはならない、と思いますよ。


だいたい、そんなに劇的な効果があがる方法なら、英会話学校ではそもそも採用されていないと思います。

生徒さんがすぐに英語をマスターして卒業してしまうと、彼らは経営的にあがったり(笑)ですからね…。

スポンサーリンク



それから、「英語を使って英語そのもの以外の何かを学ぶ」というのは、ワタクシは、聞く・話す・読む・書く、すなわち英語の四技能が、ある程度できるレベルに達した後の話ではないか?と思うのです。

それまでの間、つまりは学校教育で英語を学んでいるくらいの期間は、「英語そのものを学ぶ」ことこそ、先決でしょう。

この「24時間えいご漬け」とはいかない日本で、ある程度の年齢になるまで過ごしてきた普通の日本人が「本当に英語をモノにしたいのなら」、どちらをとるかと言えば、絶対に「英語そのものを学ぶ」方が先だと思います。

それに、英語力がつたない人で「英語そのもの以外の何かを」どうしても学びたいというのなら、先に日本語を通じてそれらを学ぶほうが、よほど有用だと思いますよ。

たとえば、英米人のコミュニケーションについて知りたいなら、書店に行けばすぐれた翻訳書や日本人の手による異文化論の専門書が山のようにありますから、日本語でしっかりそういうものを読むことでちゃんと「英語そのもの以外の何かを学ぶ」ことができるということです。

え、分厚い洋書を辞書を引き引きしながら、たとえ一ヶ月かかっても、英語で読むほうがよい?
そうしてもいいですが、その場合は、実はその人は、まだまだ「英語そのもの」を学んでいるにすぎないのだ、と思いますよ(笑)。

ということで、「英語で何かを学ぶ」というのは、英語の四技能がある程度の水準に達していないとムリがあると思いますし、限られた時間しかない日本の英語教育においては、むしろ「英語という言葉そのもの」を、どう効果的・効率的に教えていくかということこそ、まだまだ研究されるべきだと思います。


うーん、本日でこの話題については、終わるつもりでしたが…。

つい長くなりましたので、最後にやりたかったツッコミは、次回に回します。

では、また明日。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.