過去の全記事は⇒ サイトマップ

外国人力士が日本語がうまいのは、アタリマエ。(1)

今朝、新聞を開いてみると、以下のような内容のコラムが、目にとまりました。

どうやらコミュニケーションの専門家が寄稿したものらしいですが、英語・英会話を勉強する学習者にとって、なかなか興味深い「勘違い?」が記されていましたので、かいつまんでご紹介したいと思います。


まず、コラムに書かれていた内容をかいつまんで説明すると、こんな感じです。

・外国人力士のインタビューを聞いていると、その日本語のうまさにおどろく。
また逆に、海外で活躍している日本人選手が、イタリア語や中国語を流暢に話すことにも驚く。

・彼らは、外国語を学ぶために海外にいったわけではないのにもかかわらず、あんなに上手にしゃべれるようになった。勝負に賭ける過程で、相当な努力をしてあそこまでしゃべれるようになったのだ。
日本の英語教育にも、活かせるヒントがあるはずだ。

・英語の四技能、聞く・話す・読む・書くがあるが、全部できなくてもいい。
まずは、「聞く・話す」を覚えたい人が多いのだから、「読む・書く」は必要に応じてやればいい。

・本当に英語をモノにしたいのなら、「英語を学ぶ」ではなく、「英語で何かを学ぶ」精神でいくべきだ。


まとめると、ざっとこんなことが、書かれていました。

まぁ、確かに外国人力士のインタビューの受け答えなんかは、よどみがなくてたいしたもんだと思いますし、海外で活躍するイチローの英語・引退した中田ヒデのイタリア語、皆さん流暢で、すばらしいと思います。

そして、彼らが相当な努力をしてそれを身につけた、というところにも、異論はありません。

そこまではいいのですが、そこから導かれた結論が、惜しいことに「間違っている」と感じました。


まず、インタビューに出てくる外国人力士が日本語がうまいのは、誤解を恐れず言えば、ある意味アタリマエだと思うのです。

それは、彼らの日本語習得に費やした努力を否定するわけではないですし、むしろその結果として、あそこまでうまくなるのはきわめて当然なのだ、という意味です。


テレビでインタビューを受けるくらいですから、要するに「相撲が強い」わけですね。

では、どうしてそこまで、相撲が強くなったか…?

スポンサーリンク



相撲部屋で大勢の日本人力士を相手に、朝から晩まで練習するなか、日本語の技を、日本人の日本語の指導を通じて、習得する。

強くなるコツも、敗因分析も、日本語がわかってこそ。

そして日本食を食べて、日本語しかない環境で、何年も生活する。

24時間、何年も、ずっぷりと日本語漬けですよ。


その中で、技量と理解度が優れた者が、強い力士として地位をあげ、勝負にも勝っていく。

それを成し遂げてきた力士が、日本語が下手であることのほうが、むしろ不思議だと思いませんか?

日本語で相撲の技のかけ方や、相手の勝因や敗因を日本語で説明できない力士が、勝ち残って幕内までたどりつけるはずがない、と、むしろ思いませんか?

だから、彼ら力士や外国で戦うスポーツ選手にとって、その競技のベースとして使われる言葉を学ぶことは、技の向上・その競技に精通するための、不可欠な要素なはず。

力士が手持ちの得意技を増やし、どんどん強くなっていくことと、そのために必要な日本語を覚え使えるようにすることは、彼らにとって完全に同一線上にあるはずです。

そんなことがわからない外国人力士が、幕内に入ってこられるはずがない!と思うんですよ。

彼らは、日本語を学んでいかないと、この日本の相撲の世界では、最終的にはオマンマの食い上げになるだけです。


だから、タイトルでも書いたとおり、「外国人力士が日本語がうまいのは、アタリマエ」なんです。

ただし、「テレビのインタビューに出てくるほどに強い、外国人力士は」という限定条件はつきますけれども。

ということで、個人的にはテレビでインタビューを聞いていて「うまいなぁ」と感心はしますが、言ってみればただそれだけ。

「なぜ、あんなにうまいのか?」については、別に驚いたりする必要はないわけです。


私たちは、「24時間えいご漬け」の環境に、自らを置くことが可能でしょうか?

普通は、ムリだと思うんですよ。

それが環境的に難しい、この日本で暮す大部分のヒトにとって、英語・英会話が少しでも上達するためには、どうしたらよいのか。

問題はそこなわけです。

そこの絶対的正解が見つからないからこそ、日本の英語教育はこれほどまで混迷し、日本の英会話産業は花盛りとなっているわけです。

続き、次回も書きます。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.