過去の全記事は⇒ サイトマップ

本日は、またまた本のご紹介です。

また、衝動買いしてしまいました(笑) …。

この衝動を、誰かと分かち合いたい!ということで、買った本はこれですが。

ネイティブの小学生なら誰でも知っている 英単語10000語チェックブック 
(晴山 陽一 著、ダイヤモンド社、 2200円)

筆者によれば、この本は、使える英単語、すなわち運用語彙をひたすらチェックするための、「英単語の大量トレーニングマシン」ということです。

10歳ぐらいのネイティブの子供は15,000語くらいを習得しているとのことで、しかもそれらは、日本人が「大学受験必須単語として学ぶ英単語」と、かなり重なっているとのことです。

ちなみに、TOEICで高得点を取るためには、9,000語くらいが必要とのことですが、数だけで言えばネイティブの10歳の子供の語彙に、6,000語近い差をつけられているというのも、ちょっとショックですね。

ということで、この本は、アメリカ人が10歳程度で取得している語彙から10,000語をチョイスして、英単語チェックブックとして、日本人向けにまとめあげたものです。

ほぼ1,000語のチェック用の英単語が1つのチャプターに収められ、三択から正解を選ぶクイズ形式で、合計10のチャプターから構成されています。

ワタクシは思うのですが、大人が、英単語の勉強を効率よくまとめてしたいとき、学習の限界点がどこかということを読者にはっきり認識させてくれている教材は、ポイントが高いです。

この本を一冊マスターすれば、少なくとも、ネイティブの小学生並の語彙力を有しているということだけははっきりするわけで、英会話のためのボキャビルとしても達成感を得やすく、なかなかスグレモノだと思いました。

英単語集としてみると、高難易度の単語だけでまとめたり、分野別に分類していないところも、高評価です。

以前も書きましたが、知ってる語と知らない語が適当に混ざっている方が、覚えるのにも、実際の場面で使いこなしていくためにも、英単語集としてはより適した構成だと思っていますので。

難しいことは何もなくて、最初からひたすらどんどん飛ばし気味に、知っている単語かどうかのチェックだけを、していきます。

すでに知っているならば読み飛ばし、知らない単語・つっかかった単語だけを、赤ペンでチェックマークをつけていく。個人的には10のチャプターのうち5番目くらいから、難しい単語がぽつぽつと登場し始めるように感じました。

最後のほうなど、果たして自分が10歳のネイティブの子供に太刀打ちできるかどうか?という、厳しい気配が(笑)漂ってくるのを感じるはずです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.