過去の全記事は⇒ サイトマップ

(3)「英語マニア」に、なってはいけない。

昨日からの続き、今日で最後です。

これまでは、「アイツ、英語で文章を書かしてみたら、そりゃあ立派なものを書くけど、しゃべりのほうはさっぱりなんだよな」とか、「英会話は上手だけど、英文で書いたものは、どうにもミスだらけだねぇ」といった言い回しは、私たち完璧主義型の日本人にとっては、どちらかといえば、批判的なニュアンス・文脈のもとで、語られていたように思います。

まるで、読み・書き・聞き・話すの4つが分離不可能な1セットで、どれも達者でなければ、外国語学習者にとってのいわば「勲章」ともなる「英語ができる」という評価を、与えてはならないかのような。

ワタクシがいいたいのは、このような言い回しは、その人の英語の力量を極めて前向きに評価した「最大限のほめ言葉」として社会的にも扱われるべきで、むしろ誇りに思うべきことではないの?と、いうことなのです。

英語圏に属さない我々日本人にとっては、4技能のうち一つでも二つでも、外国語学習者として抜きん出た技量を持つことだけで、すなわち「英語ができる」ことなのじゃないか、と。

4技能とも全部水準に達しないと英語ができたことにはならない、というある種の先入観。

これは、文部科学省の方針のもと、ワタクシたちが小・中・高と一貫して受けてきた学校の英語教育において刷り込まれてきた、いわば理想像だと思うのですが。

そしてそれだけに、この観念というかイメージから、英語学習者である自分自身を解放することは、なかなか簡単ではないように思います。

でもねぇ…。

スポンサーリンク



だからといって、4技能すべて上手になろうとすることは、(1)でも書いたとおり、「英語マニア」への道を、もうまっしぐらに突き進む方向にいくわけですよ。

私たちの限られた人生からもう膨大な時間を使って、全体的にまんべんなく目配りして英語を勉強したあげくに、「どれもまぁ、ソコソコ」で終わる結果になるよりも、「話をさせたらペラペラ」「書かしたら素晴らしい」という風になりたい、と自分の内面で発想を転換して、到達目標を絞り込んで勉強するほうがずっとよい、と思うのです。

無理やり例えるなら、大リーグの松坂選手。

彼は、ピッチャーとしての評価を極限まで高めることで、「一流の野球選手」として世間からは認識されているし、自らを規定しているはずですよね?

彼のバッティングは、(おそらく)ピッチングほど期待されているわけではなく、大リーグでバッターとしては仮に全然ダメであっても、彼が「一流の野球選手」であることには、なんら疑問の余地はないわけです。(おそらく本人も、確実にそう思っていると思うのですが。)

英語というものの一部分の技量に秀でることについても、これと同じような考え方を、学ぶ側も、それに評価を与える日本の社会も、していくことができないかなぁ…と、思うわけであります。

言い換えれば、英語という広大な世界の中で、狭いながらも自分の絶対的な得意分野を確立していこうというアプローチのほうが、最終的には、得るもののずっと多いやり方になるはずだ、と、ワタクシは信じているのであります。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.