過去の全記事は⇒ サイトマップ

英語表現のバリエーションを増やすための、おススメ本。

以前の記事で、英会話表現のパターンフレーズを、バリエーションを豊富にして(英語は、同じ表現の単調な繰り返しを避けたがる言葉です)仕込んでおこう、という趣旨のことを書きましたが。

そのパターンを仕込むのにおススメの本を、ワタクシの本棚から、折に触れ、ご紹介していきたいと思います。

「コレ英語で言ってみよう!」(岩村圭南、アルク、1,029円)

対象者はTOEICスコア300程度以上の初心者から、となっており、実用的なショートフレーズを、効率的に覚えられる本です。

ここに載っているフレーズをすべて、日英で自在にスパッと言える位になればなかなかたいしたものだと思います。

何よりも、コンテンツが分量的にホド良いのが、おススメする理由です。
あんまり分厚い本だと、やる前からくじけちゃいそうになりますからね。

この本は365フレーズを、12ラウンドにわけて編集してあり、ちょうど1日1フレーズで、12ヶ月365日で読了、というサイクルに設定されています。

一週間で1ラウンドずつやって、3ヶ月でマスター等、自分のペースにあわせての目標設定がしやすい、この手の英会話フレーズ本を、一つずつ征服していくことで、徐々に自信もついてきますよ。

各ラウンドごとに復習用のミニテストもついていて、付属の赤の目隠しシートを使いながら、自分が英語フレーズをちゃんと覚えているかのチェックもでき、細かい点に工夫が行き届いています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.