過去の全記事は⇒ サイトマップ

(2)「適当・ほどほどな勉強」vs「突き詰めた勉強」

よく、「勉強は誰のためでもない、自分のためにやる」という言い方をしますが、この言葉の裏側には、「誰かに認められることをはげみとして自分がやる」、または「自分の勉強が最終的になんらかの形で社会とつながっている」無意識の意味合いが、はりついているように思われます。

人は本当の意味で、「自分だけのために」勉強をできるものではないんじゃないでしょうか?

ただ、相手を意識しすぎると、今度は英会話ひとつにしたって「流暢な英語で、自分の意思を完全に伝えられるように頑張って勉強しないと」と、だんだん他人の目線が気になりだし、肩に力が入ってくるようになります。

英語学習でこれが過度に進行すると、発音のわずかな違いや英単語の使い方、冠詞の使い方など、細かい部分へとついつい、目がいきがちになります。

その先に待っているのは、「自分の不安をすべてつぶさないと、口から英語がでてこない」という、悪しき完璧主義ではないでしょうか。

昨日の「ゲシュタルトの祈り」の詩にあるとおり、「あなたは私の期待に沿うためにこの世にいるのではない」のですから、アナタが自分自身に期待するレベルの英語をしゃべるのをきくために、目の前の話し相手が存在するわけではありません。

目の前にいる彼ないし彼女は、アナタとなんらかの意思疎通をはかるためにいるのであって、アナタの英語の流暢さをほめそやすためにいるわけではないのだ、ということを、まずは確認しておきたいところです。

そういう意味で、完璧主義のくびきから放たれた、「適当・ほどほどな勉強」を、止めずに長く続けることの効用を、あえて強調しておきたいと思うわけです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.