過去の全記事は⇒ サイトマップ

(10)TOEICについて色々

TOEICは、毎回コンスタントにスコア900を取れるようなレベルの人たちを除いては、まあ忙しい試験なわけで。

みんな持ち時間いっぱいを使って、ヒィヒィ言いながら解いているわけですが。

ですので、リスニングにせよリーディングにせよ、正解にたどりつくためには頭の中の処理スピードの絶対値を、とにもかくにも、上げていかなくてはなりません。

このスピードアップそれ自体は、月並みなアドバイスでスミマセンが、二つの面で実力強化をはかっていく以外にはないのでは?と思います。

つまり、

(1)英語の全般的な地力をつけていくことと、
(2)TOEICの試験問題を解きまくって、慣れることによって解答スピードをあげていくこと、


の二つですね。

(1)がよいことはもちろんですが、なんといっても時間のかかる話ですので、このブログではTOEICだけということで、(2)の発想に近いところでもっぱら書いているわけですけど。

スピードを意識しながら解くという点では、ワタクシはよく、自宅で模擬試験を解くときには「時間を本番より短く設定して、解く練習」をしましたね。

といっても、最初は5分短くするだけでも、すごく大変だったんですけど。

でも最後に受けた頃などは、確か10分くらい短くして、1時間50分を制限時間に設定して、模擬試験問題などを自宅でやっていました。

スポンサーリンク



TOEICだけに絞って練習を続けていると、だんだんスピード感が磨かれてきて、最終的には10分くらい短くしても結構追いついていけるようになるから、不思議です。


今だったら、リスニングも倍速再生レコーダーとか廉価でありますから、「速聴」で時間を短く設定することも可能でしょうけど、ドナが受けてた頃は、少なくとも簡単には倍速レコーダーは手に入らなかったし(そもそもそんなこと自体、思いつかなかったような…笑)。

リスニングの二時間はまぁ普通にやって、リーディングだけ回答制限時間を短く設定したわけです。


まぁ、普段から時間を短くして速く解く練習をしていると、本番の試験では、その空いた時間ぶん、心理的な余裕が多少でてきます。

これができると、まずリーディングはかなり見直し時間が作れますので、いいですよ~。

ちょっとあやふやな問題は問題文ナンバーにマルをしておいて、そのつくった時間でマルをつけてあった問題を、まず重点的に見直す。

これをやれるだけでも、試験が終わった後の充実感が高まります(笑)。


リーディングのあやふやな問題の見直しが終わって、もしまだ少しでも時間が余っていたときは、ワタクシは、リスニングの問題も見直しておりました。

「リスニングは音が消えているし、チェックもやりようがないのでは?」と思われるかもしれませんが、ま、あとでチェックがやりやすいよう、とあるやり方をしていたわけです。

これについては、また次回に書いてみたいと思います。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.