過去の全記事は⇒ サイトマップ

(1)英単語との格闘

英単語について、しばらくつれづれに書いていきます。

「英単語を何とかしたい」では、日⇔英でそれぞれ1秒以内くらいで出てこない(「1秒ルール」)と、実際の英会話としては使い物にならない、という話をしました。

再度記しますが、ワタクシの記憶している限りでは、英単語暗記においてこのようなスピードの重要性を強く訴えたのは、「奇跡の英単語」をはじめとする奇跡シリーズで有名な、故・長崎玄弥さんだったと思います。

で、スピード感の目安がそれくらいとしたなら、じゃあ今度は量、すなわち何個くらいおぼえたら、実用会話として不自由ないレベルと言えるのか?ということになります。

英単語については、外国人の学習という視点からみた場合には、ご存知のように色々なアプローチがあります。

その中に、「おぼえるべき英単語数は最低限でよい、数少ない単語を組み合わせる力を養うほうが大事だ」、的アプローチもあります。

この場合、「数少ない」、というのはその方法論にもよりますが、日常会話レベルで500語から2,000語くらいまでを必須レベルとしているものが、中心のようです。

ワタクシ個人としては、このアプローチはとらない主義でして(理由はまた別の回に書くつもりですが)。

やはり充分な数の単語をおぼえなくてはいけない、それも上でかいた1秒ルールのレベルまでくるよう血肉になるまで刷り込むことが必要、と考える立場をとるものです。

それでは、いったい何語くらいが必要?という話ですが。

スポンサーリンク



これも手元にあった長崎玄弥さんの本「英語千夜一夜」の中にあるのですが、アメリカの平均的な高校卒業者の読書用の語彙力は4万語、しかしそれに固有名詞と慣用表現が加わると倍になり、合計「8万語」推定だそうです。

8万語なんて…と、気おくれしてしまいますか?

しかし、逆からみれば8万語をゴールとすれば、それで英単語はもう新規追加しなくてOK、とりあえずこれでよし、と自分に合格点を与えられるひとつの到達点とみれば、そんなに不可能な目標とも思えない気もしてきます。

ま、自分も8万語にはゼンゼン未達ですし、気がする、だけかもしれませんが。


でも、よく書店で見る「必須英単語2000」とかいうタイトルの英単語集を40冊くらいおぼえればゴールだ、と考えてみると、時間さえかければやってやれないことはない、ような気はしませんか(笑)?

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.