過去の全記事は⇒ サイトマップ

電話で英語を話す時、チョッと苦手なこと

昨日の「書店でつい買った本」のところで、英語で電話のやりとりが準備なしできることが、一応英語がしゃべれる基準、という話がありましたが。

実は私、英語で電話を受けたりしたりすること自体は、特段キライではありませんし、まあそこそこ普通に話して受話器を置くところまでは、いけるんですね。

もちろん、わからないときは聞き返しますし、完全にわからないけど「まあ大体、こんなことがいいたいんだろう」くらいで終わることも多いです。

会社勤めをしていた時分、よく海外から売り込みの電話がいきなりポーンとかかってきたんですよね。

ということで、問題ナシとしてこの話を終わりたいところですが、実はチョッとだけ、英語で電話のやりとりをするときに心をふとよぎる、苦手な一瞬があります。

なんだと思いますか?

スポンサーリンク




それは、かけてきた人が自分の名前を名乗るとき。

これが結構、聞き取れないんですよ。

なんども相手の名前を聞き返してヒヤヒヤの脂汗ジワ~という瞬間も、たびたびです。

まだ、ほら、昔の教科書や英会話テキストによく出てくるようなアメリカやイギリスの方の名前なら、ある程度なじみがあるし、オッケーなんですよ。

ただ、会社の業種がら東南アジアのコールセンターとか北欧からけっこう国際電話がかかってきたんですけど、そういう人たちの(英語そのものもそりゃちょっと聞き取りにくいですが)名前がですね、全然わからないときのほうが圧倒的に多いんですよ。

なんていうか、「生まれてはじめて耳にした音の流れ」が多くて、驚いてメモもとれなかったりするわけです。


たぶん、あるていど国別に有名な姓名を類型化して、何度も聞いたり発音したりしてアタマにあらかじめなじませておくとよいんでしょうけど、さすがにそこまでわざわざやる気には、なかなかなれないんですよね…。

実はこれ、個人的には長年の課題なんです。


どうすれば、電話で通話の相手の姓名をもっと気楽に聞き取れるか?特に非欧米圏の人たちの名前を、ですが。

う~ん、いい方法があったら誰か教えてほしい…

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.