過去の全記事は⇒ サイトマップ

書店でつい買った本


仕事がはやく終わった日、帰りに駅前の書店の英語本コーナーを久しぶりにのぞいてみました。

いや~なんだかいつ行っても、新手の英語本や英会話本が山と平積みになっていて、パラパラめくって立ち読みするのが本当に楽しいです。

ワタクシ的に「ほう!」と思った英語関連本は、この日記でも折をみて、英語や英会話学習のご参考までにドンドン紹介していきたいと思ってますが。

しかし、本日買って帰ったのは、英語と直接関係のない「ひとつ、村上さんでやってみるか」でした…自分でも何故?(笑)と思うのですが。

個人的に村上春樹さんの大ファンというレベルではないけど、エッセイは好きでたまに読むかな、といったところです。

これは読みやすそうだったので、思わず買っちゃったよぉ、という感じですね。

この本は、読者のメール質問に対するご本人の回答集シリーズなのですが、その中で、英語に関する質問についての回答に、いくつか参考になる発言があります。

これは村上さんの英語に対する考え方がうかがわれて、興味深かったですね。

以下、同書から差し支えなさそうな範囲で、いくつかあげさせていただきますと…

スポンサーリンク



・『僕の経験から言いまして、最初に外国語で読む本は、読みなれた作家のものがいちばんいいような気がします。』

・『外国語を「いちおうしゃべれる」基準というのは、前もって文章をこしらえておかなくても電話をかけられる、ということだと僕は思っています。』

・『外国語を習得する方法は(ほぼ)ひとつしかありません。それは外国語を習得しなければ生き残っていけないという環境に身を置くことです。』

・『いずれにせよ、英会話習得のコツというようなものはどこにもありません。…(中略)…ある程度の資本投下と、熱意と、長期にわたる我慢強さが必要とされるだけです。コツはありません。それは僕が保証します。』


どういう文脈の発言かにご興味のある方は、ご自分で購入の上(笑)お読みになって下さいね。

ワタクシとしては、英語がしゃべれるモノサシとして電話をもってきているところなどは、そうだよな~と思いましたが。

あと、最後のところで、「保証」してくれたのは、ちょっと嬉しかったですね。


ワタクシがこの本で一番心に残った言葉を引用して、最後を締めたいと思います。

英語とは直接関係ありませんが…。


・『僕は自分の経験から思うのですが、人生というのは「ひとつの愚かしさのフェーズ」から「べつの愚かしさのフェーズ」への移行でしかないような気がします。ですから過去のご自分の愚かしさはあまり気になさらない方がいいと思います。』

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.