過去の全記事は⇒ サイトマップ

(3)英単語とゴロあわせ

ゴロは楽しくて、自分としておぼえられるならドンドン行っていいけど、長く記憶に残すには、いいゴロ合わせはそうそうたくさんは無いもんだ、ということを書きました。

ゴロ一本で行くのにキビシイ二つ目の理由は、ま、これはワタクシの個人的問題でもあるんですが。


ゴロあわせは、日本語→ゴロ→英語、というプロセスをたどる以上、原理的に以前「(5)英単語をなんとかしたい」で書いた「1秒ルール」と、どうしてもぶつかりやすい
ことです。

スポンサーリンク




基本的には、アタマの中で一回、英単語の音を日本語の文章や、直接その単語とつながらないイメージに変換して、そこから手繰って英単語の本来の意味にいくわけですよね。

ゴロ合わせでおぼえる数が増えてくると、やっぱりハードディスクがパンパンのパソコンみたいなもんで、読み込みとデータの取り出しに時間がかかってしまいますよね。

最初の「いいゴロがたくさんはない」という点より、実用英語として自分の力をつけていくためには、こっちのほうが問題としては大事かな。

だから、このあたりを踏まえて、ゴロあわせは自分なりの方針をもって、活用するとすごい効果があると思うんですよ。

例えば、おぼえるゴロを、そのゴロあわせ本から厳選して抜き出して、それだけを集中しておぼえるとか。

自分がベースとしている単語集から、ゴロでおぼえると決めてかかったものだけはゴロを使ってみるとか。

複数の単語の覚え方を使って、どれかで頭の中の記憶に定着してくれたらいいや、と割り切って考えておくのもありですかね。

たとえば語源や接頭辞、グループ分類でおぼえているやり方をとっているなら、その中に必要な単語だけゴロあわせも取り入れてみるとか。

ゴロあわせは、自分がおいしいと思ったところだけいいとこ取りするのがよいんじゃなかと思います。

一冊ウンウン、本などをまるごとおぼえようとするんじゃなくて、ね。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.