過去の全記事は⇒ サイトマップ

リスニング、「一言一句を聴く」よりは「相手の話を聞く」つもりで。


本日はリスニングの勉強について、ちょっと思っているところを。


「英単語やフレーズをもらさず正しく聴き取ろう」とあせる気持ちの力みをフッとぬいて、「このひとは何を伝えようとしているのだろうというメッセージを探りとる気持ちで話を聞くことが、大事だと思うわけです。

相手の伝えたいメッセージのコアを拾い上げることに、自分の意識を集めていく感じ。


まぁ英語圏の人たちはたいていの場合、一番言いたいことを最初に口にするはずですので。

日本語の場合は、最後まで聞かないと結論がよくわからなかったりしますけどね。


なので相手の話し始めには特に注意して、その人がメッセージしたことをちゃんとつかまえにいく。

これがちゃんとできたら、自分のなかでまずはヨシとします。


そのあとは、そう考えた「理由」とか「状況の説明」へと話が細かく下りていくわけですが…。

スポンサーリンク




相手が話の最初で放ったコアのメッセージをきちんとつかまえた自覚があるなら、あとはそのメッセージを自分の心の真ん中に置いて、話している相手がそれにどう肉付けしようとしているのかを自分なりに追いかけるつもりで聞く。


内面的な心の動きの話ですからなかなかピンとこないかもしれませんが、ワタクシが言わんとするのは、話を聞く自分の意識の置きどころ」です。

これまで勉強したことをベースに英単語や英語フレーズの意味をとりにいこう・聴き取ろうという意識を強く持って聞いていると、ついつい肝心の「目の前のその人が伝えたいことを聞く」という部分が、どこかに追いやられてしまったりするわけです。


マジメで熱心な英語学習者ほど無意識のうちに、相手が話した一言一句を、100%すくい上げにいこうとするものです。

1%でもすくい漏れがあると、やり残しのあるジグソーパズルを額に入れて飾っているみたいで、どうしてもスッキリしなかったりする。

かつてのワタクシなぞは、モロにそうでした。


かりに勉強の甲斐あって、相手の話した単語や文章の意味がすべてとれたとしても、肝心の話のメッセージが自分の心の内に入ってこないと、自動翻訳の精度を高める作業に集中しているようなもので、話を聞いた感覚のようなものがなかなか心に残らない

「あのときは確か、こんなこと言ってたよね」というものが自分なりの消化を経て、時間がすぎても自分のなかに多かれ少なかれ残ってしかるべきなのですが。

これが英会話のリスニングをするんだと構えてしまうと、どうしても相手の話した文章を均等に・漏らさず・正しく拾いにいくほうに先に意識が向くので、「あのとき、あの人はこのことを言おうとしていた」というそのひとが放っていた熱のようなものを、案外拾い忘れているものです。


ただ誤解のないよう、コアメッセージだけつかまえたら残りの枝葉はバッサリ聞き流して捨ててしまえ…とまで言ってるわけではありません。

外国語を学ぼうとしているわけですからそれではやはりダメだと思うし、細かい点をコツコツ拾いにいく姿勢が実力をつける一面があることもまた確かだからです。


しかし一生懸命やっているのにリスニングが苦手で…という学習初心者の多くが、相手の言ったことを全部聴き取れない→話を正しく理解していないのではないかという順番で考えて、モヤモヤと不安を抱えていたりするのではないでしょうか。

要は、肩に力が入りすぎなんです。


気持ちの持ちようとしては「相手が言わんとすることをまず聞き出すぞ→細かい理由は聞き落としたけど、まぁ話の本筋は一応押さえたという感覚でリスニングの勉強を続けるほうが、少しばかり楽ですよということです。


日本語だと「相手の話を聞く」ときに、これは無意識レベルでちゃんとできているんですよね。

どうでもいいところはフンフンと聞き流して(もちろん記憶にも残さず)、「で、要するにこう言いたいワケね?」と話のポイントや結論だけは、しっかり頭の中にしまいこんでいる。


この聞き流した日本語がたどる運命は、結果的に英語で聴き取れなかった単語やフレーズと一緒なわけで。

日本語のネイティブとしては、相手の話す日本語を最初から全部拾い上げようという気もはじめから無いが、それでいて会話をした感覚は心の内にしっかりと根付いているわけですね。

英語でも最終的にこんな感覚を揺るぎないものにできたなら、たとえ相手の言っていることがパーフェクトに聴き取れなくても、ずいぶんと気持ちに余裕ができるはずです。


ネイティブと話すときは、耳から入ってくる英語を聴くというよりも、できれば少しリラックスして、目の前で話すその人の話を聞くという心持ちを持って聞んです。


ネットやCD・iPodなどで声だけを聴く環境なら、発音や細かな一言一句の聴き取りに意識を向けるのでなく、その人のキャラクターや身振り手振り・表情までを勝手に頭の中でイメージしながら聞くようにする。


気の持ちようのささいな違いと言えばそれまでですが、いつの日かに得るものの大きな差につながるところだと、ワタクシは思っています。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.