過去の全記事は⇒ サイトマップ

一人の、「個」の力って偉大。英語・英会話くらい、なんでもないかも。


さわやかな4月の一発目からナンですが、今回は雑談です。

たまたま見ていたサイトでこんな記事を発見し、不覚にもちょっと感動してしまいましたので、英語・英会話の習得に励む皆さんにもおすそわけしたいと。

ま、見てください。


らばQ 一人で作り上げたという尋常ならざる5人の鬼才・天才建築家


どうです。スゴイと思いません?

それぞれ一人でやった仕事だそうですよ、たった一人の!


特に最初のシュヴァルさんの話には、ちょっとマイった。

記事によれば、完成まで一万日以上かかって…って、ざっと27年ちょっと(笑)。
建築もデザインも自分で建てながら学んでいき、独りでコツコツつくりあげたって、ホントかよ…って思いますが、実際にモノがあるんだから、本当なんでしょう。

マルティネスさんの大聖堂も、ひとりで造ったというのがにわかには信じがたいスケールですが。


記事の表題こそ「天才・鬼才」と打っていますが、恐るべきは建築の技術というよりも、彼らの「時間に対する観念」じゃないでしょうか。

ひとつのことに人生の数十年を注ぎ込み、最終的にこのようなかたちを造りあげてしまうにいたる念の純粋さが、なんと言ってもスゴイ。

途中で、悩んだりしなかったのでしょうか。
天災にあったり、誰かに破壊されたらどうしようと、オノノいたりはしなかったのでしょうか。


それにしても、たった一人でもこれだけのことができるんだ…って、素直に思うでしょう?

こういうのに比べたら、建材も必要なく、場所もとらない英語・英会話のマスターごとき、取るに足らないというか、ごくなんでもないことのような気がしてきませんか?


彼らも一人、私たちも同じ一人です。

英語・英会話力は、いわば頭の中の空間に組み立てる、仮想の建築物のようなものでしょう。

シュヴァルさんを見習ってほんの数十年(笑)くらいコツコツと頑張れば、英語・英会話をある程度自在に使いこなすことくらい、絶対にできるはずですよね。

これらの建造物の写真を見ていると、どうやって学習するとよいかなどという方法論はほとんど問題にならなくて、要するに「やり続けるられるかどうか」、ということだけ、ただそれだけのような気すらしてきます。


とくに4月からあらたに英語・英会話をはじめた、新社会人・学生の皆さん。

どうです、やる気がわいてきましたか?
学習に挫折しそうになったら、時おりこの写真を見返すようにしてください(笑)。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.