過去の全記事は⇒ サイトマップ

「英語の勉強、面倒くさい」という気持ちとの戦い方(1)。


久しぶりにシリーズで、コラムを書いてみたいと思います。

英語・英会話の勉強を長く続けていると、どうしても「あぁ、勉強するのがタルイなあ、面倒だなぁ。」と思う瞬間が、断続的に、ないしはしょっちゅうやってきます。

これは、当人以外の勉強をやらせる側からすると、「英語がうまくなりたいという熱意が足りないから、そんなことを言うんだ。」などと、お説教のひとつもしたくなる傾向が、どうしてもあるようです。

ま、「勉強しなきゃ、大きくなって困るんだからね!」と子供を叱るお母さんと、根本的には一緒ですね。

これは、叱る側と叱られる側の思い・感覚が、なんというか別次元にあって交わるところが無いので、叱られる側の「面倒くさい感」を解消するには、あんまり役にたたないことが多い。
そもそも「同じ感覚を共有する」こと自体が生じていないわけですから、説得も効果がないわけです。


さもなくば、「突き放す」というやり方もあります。

英語の勉強法の本などを読んでも、「楽して英語は身につかない!」「できないならアナタには向いていない、止めなさい!」と、一言でバッサリ切って捨てている厳しい御仁が、多いようですけどね。

英語・英会話に限らず、スポーツでも仕事でもなんでも、人には向き・不向きというものがあるのは事実ですので、これはある意味では正解なんですけど。

ただ、そう突き放して言う当の本人こそが、「英語の勉強が続かない人間が、どうしたら勉強を続けられるようになるのか」という解決方法を探しだして提示することを、まさに「面倒くさがっている」場合もずいぶん多そうです。

「そういうあなただって、アドバイスするのを面倒くさがってるじゃん」と、ツッコミのひとつも入れたくなったりします。


しかしこのように、他人様から、しかられたり突き放されたりしているぶんには、まだマシかもしれません。

世の中には、この英語・英会話学習者の面倒くさい心理を突き「楽な方法の提案=面倒くささの解消」というストレートな図式で、これをビジネスチャンスに転化してしまう人たちが、極めて多く存在するので、油断がなりません。

というか、英語・英会話産業は、ことさらそういう傾向が強いような気がしますが気のせいでしょうか。
そうじゃないと、この業界、ここまでデカくなっていないでしょう。

ビジネスに転化した結果の商材が「毎日CDを聴きつづけるだけで、楽々!たった4週間で英語が話せるようになった!今までの苦労はなんだったの!?」とか、ま、そんな感じのヤツです(笑)。

しかし、このようにしてビジネスする側をどうこういうつもりは、別にありません。

「面倒くさい」ということの本質は、「もっと楽をして結果にたどり着きたい」ということですから…。

スポンサーリンク




そこにビジネスチャンスが生まれるのは当然ですし、経済も社会も、その克服によって発展してきているわけですし。

ただ、はっきりと言っておきたいのは、アナタやワタクシが面倒くさいと思うこと自体は、ごく当たり前のことにしても、その感覚を商売人にうまく利用されて、我々が経済的な損失を被る可能性が常に横たわっているということを、自覚しておいた方が一応よいだろうということです。

油断したら、身ぐるみはがされてしまうよん、ということです。


私も、英語・英会話の勉強長く続けてきましたし、これを学ぶこと自体はだいたいの場合は好きです。
しかし勉強が面倒くさいと思うこと、そのためやらないことや避けるようにしていることは、もちろん数え切れないくらいあるわけで。

そのたびになんとかやり過ごし、英語・英会話の世界と断絶することなく、今日に至っているわけです。

結局、「しょっちゅう面倒くさいと思いながらも、好きなところもあるのでなんとか続けられる」という心の持ちようを、長い年月をかけてごくフツウの状態として飼い慣らすことに結果的に成功した…ということなのかもしれないと、時々思うこともありますが。


さて「面倒くさい=楽をしたい」ということであれば、いずれにしても面倒くさいと思うこと自体は、少なくとも英語英会話の勉強にとっては、悪い事ばかりでもないはずです。

「面倒くさい」の心理がもたらす最大の害悪は、放り投げて止めてしまうこと、これまで積み重ねたものがゼロに帰してしまうこと、と断じてよいでしょう。

この最悪の結末だけは、なんとしても生じさせないようにする必要があります。

逆からみれば、その一線さえ守ることができれば、「面倒くさい」と思うことは、むしろ「どうすれば楽ができるか=もっと勉強を効率的にやって、英語・英会話をマスターできるか」という工夫につながっていくので、むしろ歓迎すべきことであるともいえるわけです。


長くなりましたので、本日はこのへんで。

それでは「英語・英会話学習における面倒くささの克服」のための方法論、ワタクシとしては三つの方法を自分用に持っていますので、次回からはご参考まで、それを順にご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.