過去の全記事は⇒ サイトマップ

「がんばらない」「あきらめない」は、「英語との付き合い方」でもある。


はやいもので、もう11月ですねぇ。

季節的には「勉学の秋」というヤツですが、アナタにとっての英語・英会話、上達に向けイメージどおりに、勉強は続いていますでしょうか?


ところで、鎌田實さんというお医者さんが著した、医療エッセイのシリーズがあるのですが、皆さんはご存知でしょうか?

人の生死や医療、リハビリ、介護などについて、医療の現場から人生の側面を優しい目線で綴っていて、どの本も大変好評のようです。

中でも話題に上った著書に、「がんばらない」「あきらめない」という表題の二冊があります。


英語・英会話を学ぶときの、目線というか姿勢について、ですね。

もしワタクシがいちばんしっくりくるアプローチを、皆さんにお伝えするとしたなら、端的にどう言ったら、一番ピッタリくるだろうか…?と、これまでこのブログを書きつつも、ツネヅネ考えていたんですが。

ついに、その言葉に、出会ったような気がします。

そう、この「がんばらない」「あきらめない」という二つの言葉のセットが、一番しっくりくるような気がするのです。

「医療」と「英語・英会話」、ジャンル的には全然異なりますけどね。

これは、「がんばって」会得した英語・英会話に対して価値を見い出さない、ということでは、モチロンありません。

数ヵ月後の海外出張を控えてだとか、または昇進試験でどうしてもTOEICスコアで一定点数以上が必要なんだとか、短期的に英語力をアップすることに血眼にならざるを得ないケースも、現実問題としてはもちろんあるでしょう。

「がんばることができる」のはひとつの立派な才能ですし、能力でもあります。

ワタクシですら、睡眠時間を切り詰めてしゃにむに「がんばる」時だってタマにはありますし、皆さんだって好むと好まざるとに関わらず、そういった時があるはずですよね。

でも、「がんばる」というのは、すでにそうしているだけで「一時的」・「瞬間的」なものですから、結局は「がんばっている状態」が終わるときが来るし、普通の状態にもどってくる過程で、「がんばって得たもの」を維持し続けることが、難しくなります。

なぜなら、「がんばる」ということは、自分自身になんらかの「負荷」をかけていくことですから、いつまでもその負荷に対しては耐えられないわけですね。

スポンサーリンク




スポーツでは、がんばって負荷をかけ続けて、その負荷に耐えられるカラダがなるべく「普通の状態」になるようにもっていく、という側面があると思います。

でも、スポーツの場合は、プロでもアマでも、やる人がなにかしらの「ピーク」を設定して、それをイメージしながらやっていくのが、通常だと思うんですね。

×年後のオリンピックとか。ワールドカップ出場とか。野球の地区大会予選進出とか。

なにかしらのとんがった「一点=目標ポイント」に向けて「がんばって」、そのポイントにピークの力を出せることを、普通は目指していく。


でも、「外国語を身につける」のは、どこかしら一箇所のとんがった高みを目指す、ということではないように思うんですね。

むしろ、イメージ的には「満ち潮」の感じに近い、と思うんです。

時間が経つにつれて、さっきまであった砂浜が、四方八方から海水にジワジワと少しずつ侵食されて、気がついてみると、いつの間にかあたり一面水浸し、様相が大きく変化している…って感じだと思うんですよ、「英語をモノにする」ということは。

言いたいこと、なんとなくは、おわかりいただけますでしょうか?

英語・英会話を自らの血肉にしたければ(外国語はすべからくですが)、最終的には、自分に強い負荷をかけずに、すなわち「がんばらずに」向き合うことが、大事になってくると思うんです。

そうなると、どうしても英語・英会話とおつきあいする時間そのものが、長くなってくる。

「がんばって」やれば出来たはずの「時間短縮」「スピードアップ」が、なくなるので。

ゆっくりと流れて、上達しているのか後退しているのかすらわからない、ぬかるみの中を進むがごとき状態が長く続き、どうしても勉強を放り投げてしまいたくなってきます。

だからもう一方で、「あきらめない」という姿勢が、ここで必要になってくるわけです。


どうでしょう。

「がんばらない」そして「あきらめない」。

少なくとも、今も外国語を学び続けるワタクシにとっては、車の両輪のような気がしている、二つの言葉です。


ま、車といっても、スピード的に速くもないでしょうから、せいぜい「荷馬車」程度かもしれませんけど。

ワタクシのハンドルネームも、「ドナ」(笑)ですしね。 ♪ Dona Dona~♪

 

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.