過去の全記事は⇒ サイトマップ

英語が「資格・教養」から、「サバイバル・ツール」に変わる日はくるか。


えー、本日は雑談モードですが。

皆さん、あちこちで配信されていたこの記事はもう、読まれましたか?

英政府 外国人就労者に「英検」 EU域外対象 在留邦人悲鳴 (イザ! 2007年10月25日配信記事)

簡単に言えば、景気好調の英国で、外国人労働者の流入に業を煮やした英政府が、就労申請者に対して一律に英語検定「IELTS(アイエルツ)」を実施することになった…というお話です。

日本ではTOEICのほうが圧倒的にメジャーですが、英国ではこのIELTSが代表格ですね。

必要とされるレベル5.5、TOEICに換算して650-700点程度だそうですから、カタコトで働いてきた外国人労働者にとっては、なかなかハードルが高そうですね。

ロンドンなどで働く日本の寿司職人が、試験におちて泣く泣く帰国…という事態が心配されているそうです。
うーん、そんな心配をしているのか…。

「Hey スシボーイ、イギリスで働きたきゃ、IELTSで5.5くらいはとってきな」、てな感じでしょうか。

「オ…オマエなんか、握ってやる!」と抵抗しても、たぶん泣く泣く強制送還ですね。

来年の実施前に、にわかに詰め込みで英語の勉強をする外国人就労者が激増する、という構図になるのでしょう。


日本で暮らすたいていの日本人にとっては、この話は「対岸の火事」なんでしょうけれどね。

しかし、「外国語ができる・できないで、国家権力による選別と強制を受けて、露骨に人生が変わってしまう」という事態が、先進国で現実に起きていることに、ワタクシとしてはこの国の過剰な英語熱に照らして、ある種の予兆を感じた次第です。

英語はまだまだ国家権力とリンクするどころか、TOEICが企業の就職試験で選別に使われている程度で済んでいますが、遠い先々はどうなることやら、です。

今、ありがたくもこの「そこツボ!」を読んでいただいている、20代前半くらいの皆さん。
あと20年後の日本、皆さんが社会の中堅世代として生きるはずの頃は、労働環境がどうなっているか、ホントにわかりませんよ。

金利がバーンと跳ね上がっただけで国内は大混乱ですし、物価だってほら、灯油だの小麦粉だの、目立たないように少しずつ上がりだしているじゃないですか。

スポンサーリンク




これまでどおり、この日本で安定的な経済環境・生活環境が実現できていればよいのですが、なにせ国の財政状態がこうですし、ハイパーインフレ・超円安・超不況が三点セットで訪れて、元気なうちに数年くらいは仕事を求めて海外へ出稼ぎにでたりすることが、ちっとも珍しくない光景だって訪れないとも限りません。

そうなると、流入してこられる側の国だって、今回の英国のように、当然移民制限などの対策を打つでしょう。
こういう先例にならって「英語力」でふるいをかける国も、増えてくるかもしれません。

逆に、日本に見切りをつけて脱出する人がガンガン増えたら、国内の労働人口と経済維持のために、一種の「鎖国」状態が復活するかもしれませんよ(笑)。

そうなると政策をマイルドにやるために、「就労目的で国外に出るためには、TOEICスコア800点以上の証明書を必要とする」なんてことになるかもしれません。
パスポートと一緒に、TOEICのスコア認定証が必須書類になったりして…おーコワ(笑)。


ま、想像するのはこのヘンでやめときますが。

今回の記事は、多くの日本人にとってはまだ「他人事」ですが、これだけ英語というものが社会に影響を及ぼしているこの日本、今の我々が想像もしない形で、「しまった、英語をもうちょっと真面目にやっときゃよかった!」と思う日が突然訪れることが、絶対に来ないとも限りません。

つまり、単なる資格・教養程度にとらえていたものが、サバイバルのための武器に変わる瞬間が、10年・20年のスパンで見たならば、あるいは起こりうるかもしれない、ということです。

イヤ、あわてて高い英会話教材の申込みに走ったりしなくて、よいです。

ネット上には質の高い無料教材もゴロゴロ転がってますし、自分なりに調べたあとでおおまかな計画をたてて、まずはできるところから、はじめればいいんです。

勉強を続けていると英語に対するカンも磨かれてきますし、やりながら修正していけばいいだけの話ですから。


そういうわけで、あんまりあおり立てるつもりもありませんが(笑)、前からこのブログで申し上げているとおり、細く長くでもよいから、英語・英会話の勉強そのものは、止めずにこれからも続けていきましょうよ。

お互いの、これからの人生のためにも。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.