過去の全記事は⇒ サイトマップ

英語という「巨象」を食べるとき、小さく切る前にやること。


唐突ですが、「象を食べるときは、どうするか」という話を、お聞きになったことはありますか?

これからする話、あくまで「象」は「自分の手に負えないくらい巨大なテーマ・課題・解決するべき問題」といったことの象徴、話のたとえとして用います。
もちろん、実際に食べるハナシじゃなくてね。


皆さんがとりくんでいる英語・英会話だって、外国人であるワレワレにとっては、結構なサイズの「巨象」だと思いますよ。

見上げて「うーん、これを全部食べるのかぁ…」と、ため息をつくくらいに。

この解決策としてよく知られているのは、

「象を食べる時(解決すべき大きな問題に直面したとき)は、まず小さく切ってから食べる。まずは、問題を出来るだけ自分の手に負える範囲まで小さくしてみる。」

というアプローチです。

最初にこの解決方法を聞いたときは、「ふぅん」と思って深く気にもとめなかったのですが、だんだんと「それだけじゃ、足りないかもしれない」と、思うようになりました。

だって、大きいままの象に直接ガブッとかぶりつこうが、小さいステーキサイズにして皿の上に盛り付けて食べようが、象は象であることに、変わりありませんからね。

いくら口に入るサイズを小さくしても、「目の前にドンといる、あの象(=英語・英会話)を全部食べなくてはならない…」と思ったら、やっぱり「あと何万皿ぶん、食べる必要があるんだよ…」と、ゲンナリしてくるんじゃないでしょうか。


ですので、ここからはワタクシが考えた、もう一ひねりした「象の食べ方」をご紹介します。

なんだと思われますか?

「食べているのが象であることを、無理やり忘れる?」
イヤイヤ、自分が今とりくんでいる全体像(=象)を、見失ってはなりません。

「さまざまに味付けを変えて、飽きがこないように工夫する?」
いい心がけで一定の効果はありますが、ひととおり回した後は、また厳しくなりますね。

ワタクシの提案は…

スポンサーリンク




「まず象をもう一段階、四等分とかして中くらいのサイズまで切り、食べる目標を「象ぜんぶ」から、「象の足」などの一部分に変更すること」です。

「象の足」を食べたら目標達成!として、その後もほかの部分を食べるかどうかは、また自分自身と相談して、別の目標として、あらためて決めることにする。

足の部分だけだったら、さらに小さく切って食べながら「足の部分だけだったら、全部食べきれるかも…」という希望を、同時に持つこともできるはずです。

これを英会話でたとえるなら、「英会話をマスターしてやる!」というのが、「象を食べる」こと
「オフィスでの英会話なら、ほぼどんな状況でも受け答えできるレベルを目指してやる!」というのが、「象の足を食べること」にあたります。


だから、後者の場合は「家庭での英会話」「スラングがとびかうシーンでの英会話」など、他のシーンでの英会話をうまくこなすことは、いったん目標の外に置くわけですね。

「こういうのはできなくても良し」として、オフィスの英会話を身につけることだけを念頭に置いて勉強することにすれば、おのずと身につけるべき学習範囲も、具体的になってくるはずです。

そしてそれに自信が持てるようになってはじめて、「次の足」「鼻」などと、別の部分を食べることを、考えてみるのもよいでしょう。


目先の英単語10個を覚える、というのもそれはそれで大切ですが、だからといって「英語をマスターする」だけでは、目標としてはサイズが大きすぎるわけです。

また、目標を持たずにただ目先のことだけこなしていくと、自分がなんのためにそんなことをやっているのか…と、道に迷う危険性があります。


まずは、自分でリアルなイメージが持てる程度までに目標を絞り込んで、そのサイズを小さくする。

そういうアプローチもありますので、自分の置かれている状況にあわせて、ひとつ応用されてみてはいかがでしょうか…?

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.