過去の全記事は⇒ サイトマップ

通勤電車で読んでおぼえるのにピッタリの、実用英会話フレーズ集。


ワタクシは自分で買った本のなかで、「これはイイ!」と気に入ったものだけ、この「そこツボ!」で、ときおりオススメするようにしているのですが。

自己分析の結果、自らがオススメする本の傾向として、「英会話フレーズ集、しかも一冊に300フレーズ前後が収められているくらいのサイズのもの」を、とりわけ好んで紹介している場合が多いことに、気づきました。

だんだん分厚い本や長文ものをこなす気力や体力が、薄れてきているんでないの…と、ワレながら内心、チョッと気にしてはいるんですが。


ま、それはともかく、今回も一冊、オススメします。

つい最近でたばかりの、新刊のようですね。
千円札一枚で買えるにしては、お買い得感が高かったように思いました。

「このニュアンス 英語にできますか?」 (ヴォリューム・エイト著、成美堂出版、998円)

著者は名を明らかにしていませんが、日本人であることだけは、絶対に間違いないですね。

しかも、おそらく、ビジネスマンなんじゃないかな。
サラリーマンが日常で使うフレーズのチョイスなどは、実に、ツボにはまってますしね。

オススメの理由としては、日々をこの日本で暮らす日本人でなければなかなか気づかないような微妙なニュアンスを含む日本語表現が、たくさん収められているからです。

”日常の生活で使われる日本語を英語にすると、何と言うか”という視点で編集された英会話フレーズ集は、それこそ掃いて捨てるほどありますよね。

それらの本ではほとんど見たことがないような表現も、この本には結構入っているのですが、それにもかかわらず、この本にのっているような言い回しを確かに普段よく使っていることに、言われてみてあらためて気づく。

一読して、そんな風に感じる本なのですね。


会話のボディを構成する表現ではないけれど、つなぎ目となり潤滑油となって会話そのものが走っていくのには欠かせない、フレーズや言い回し。
それらをスムーズに英語で言えたなら、どれだけ会話するのが楽になるかは、容易に想像がつきますよね。

まずは書店で、別の日常英会話フレーズ本とも比べて、チェックしてみていただきたいのですが、たとえば、こんな表現が入っています…;

スポンサーリンク




(オフィスで)

「バタバタしちゃって、すみません」
「なるようにしか、なりませんものね」
「さっすがー!やりますね」

(いまどきの若者言葉)

「だって貸してくれなんて、言えねえっつうの」
「もう、やってらんないよ」

こういう表現の意味するところを英語でいえるかどうか、ということではなくて、そのニュアンスをもっともよく醸し出す英語に置き換えるとどうなるか、ということが、この本のキモです。

上の例で言うと、「言えません」じゃなくて、「言えねえっつうの」のビミョーな部分を、英語でなんと表現するかがポイントになるわけです。

そういう日本語表現に対応する英語として、なぜこの本で採用したような表現をあてたのかについても、簡潔にポイントが解説されています。


ま、しかしながら、理屈はホドホドにとどめて、こういうのはパターン表現として、まる覚えしたほうが早いでしょうね。

全部で327の表現が入ってますから、通勤電車の行き帰りで読んでおぼえこんでしまうのに、ピッタリの一冊だと思います。

一週間から十日でひととおり回すのに手頃なサイズですので、通勤時間が、ちょっと有意義なものになりますよ。

ひとつだけ、使用上の注意点を。

若者言葉を結構拾っては集めてきているのですが、我々が日常会話で使うとちょっと軽すぎる、ないしは品がない感じになる…という表現も、正直、結構な数が入ってます。

そういうものについては、聴き取るための知識として仕込むことを優先し、会話での使用は控えるほうがよいでしょうね。
著者も、その手の表現には「注意マーク」をつけているので、読む側としても、見分けはつくと思うのですが。


それにしても、最近の若者言葉のなかに、ワタクシが知らない表現がいくつもあって、世代間ギャップを感じたのも、ちょっとショックでした。

「カッケー」(カッコイイ、の意)はぎりぎりわかるにしても、「ハンパない」(半端じゃない、の意)とか、「まっぱで」(真っ裸で、の意)などの若者言葉って、そんなに市民権を得ているんですか…そりゃ知らなかったな。

日本語の乱れが…と、つい説教をかましたくなっている自分に気づいて、イヤになったりして(笑)。


ま、そういうことで、微妙なニュアンスの英語を、うまいこと会話に織り込んで使い倒してみたい方と思っている方に、オススメの一冊であります。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.