過去の全記事は⇒ サイトマップ

日々の生活に英語を影のように寄り添わせる、ちょっとした工夫。(2)

前回に引き続いて、「英語を日々の生活の場面で意識する、ちょっとした工夫シリーズ」(笑)、第二回目であります。


たとえば、アナタが学校や会社から帰ってきて、珍しくも(笑)英語・英会話の本をひろげたとしますよね。

その後、一応は明日も勉強しようと思ってるけど、明日は明日の風が風が吹くということもあり、残業や突発事態が起きて、予定通りにはできないかもしれない。

イヤイヤ、明日だけじゃなくて、もし大きな仕事が入ったら、下手をすると三日くらいは、勉強には戻れないかもしれない。

そういうときには、本棚にその本をたたんで片づけてしまっては、ダメです。


イイですか。

ページのやったところまで、ポストイットや折り目などをつけて、そのままカバーを表にして、ひっくり返します。

そして、あなたがいつも勉強する場所、書斎や学習机のそばなど、なるべく目に留まりやすいところに、そのまま置いておく。


で、ここからが、ややオリジナルかと(笑)。

スポンサーリンク



さて次の日、予定通り、したくもない残業が入って(笑)夜遅くに家に帰ってきたとします。

帰り道にビールの一杯も飲んでしまって、疲れて今夜はとてもとても、英語の勉強どころではない。

いいでしょう。(何がいいんだか)

ただし、ひとつだけやってもらいたい「動作」があります。

ふと目をあげると、昨日、本当は今日やるつもりで広げてそのままにしていた、その英会話本が、目に入ってきましたね。

これを一度、手にとってですね。

昨日シルシをつけたページまで(つまりきのう学習したところですね)、パラパラと1、2回見るともなしに、めくってみるわけです。

中身の復習などは、一切考えなくて結構。
文字通り、目を泳がせると言うか、めくるページが流れるままに、ボーッと見るだけ良いです。

そして、昨日おいた場所と、「必ず」違う場所に、その本を昨日と同じように、カバーを表にして、ひっくり返してまた置いておく。

昨日の場所からほんの数メートル程度離して、本の上下をさかさまにして置いておく程度で、OKです。

以上です。

なぜ、同じ場所に置いたままにしておくのが駄目なのか、わかりますか?

それはですね。

アナタが仮に次の日も、そのまた次の日も、仕事などで英語の勉強ができなかったとしたら。

その本は、アナタにとっては、「見慣れた風景」として、そのまま意識のなかに固定してしまうからです。

こうなると、その英会話本は、アナタにとって、いわば景色を構成するひとつのパーツになってしまい、下手をすると、そのまま半月も一月も(笑)、触らなくなってしまう恐れがあります。

そのまま、So Long, My English!となる可能性だって、もう十分にあります。

それを何とか防ぐために、せめて自分がその本の存在を意識していることを、本をめくったり置いたりする動作で、自分自身にメッセージするわけです。

その本を毎日ひろげ、置き場所を毎日変えることによって、風景化することを意識的に防ぐわけです。

この簡単な動作で、英語・英会話に関わるということが、過去の記憶ではなく、歯を磨いたり電車通勤したりするのと同じように、日常のままでアナタの生活に寄り添うことになります。


これも、たぶん英語だけの話には限りませんね。
アナタが、長い期間意識する必要があるものは、対象がなんであったとしても、毎日一度くらいは、見るか触るかするようにしたほうがよい、ということです。

この「ちょっとした工夫シリーズ」、次回も続けます。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.