過去の全記事は⇒ サイトマップ

「英語で考える」とかは、気にしなくてよい。(1)

だってソレ、ホントに英語で考えているかどうか、わかりませんから。
なんとなく、本人がそう思い込んでいるだけの場合もあるんじゃないの?とすら、ワタクシなどは、ウスウス思っています。

この「英語で考える」式のアプローチ、古くは故・松本 亨先生あたりから連綿と受け継がれている英語学習の考え方ですが、恐れ多くも、ツネヒゴロ「そうか?ホントか?」と思っていますので、今回はそのあたりを、数回にわけて多少書いてみたいと思います。

というのも、「こんだけ英語の勉強をしているのに、自分はまだ英語で考えるなんて境地は、全然ムリだぁ、オレはもうダメだぁ!」などと(笑)、悩んでおられる学習者の方が、ひょっとしたらいるかもしれない…と、思ったもので。

大丈夫ですって。
別に「英語で考えねば」などと力まずとも、バックボーンがしっかりしていれば、それなりに英語は上達するし、英会話だってうまくなりますから、というエールをおくってみたいというのが、今回の趣旨です。

ということで、別に「英語で考える」ことができる使い手の方たちに、それをヤメロといいたいわけでもないですし、ましてやその理論否定をしているわけでもアリマセン。

ただ、数十年英語の勉強を続ける学習者の一人として、自分の体験に照らして、『たとえ「英語で考える」ことはできずとも、英語なり英会話なりでなんとかコミュニケートしていくことは、できるだろう』という、個人的な思いについて多少書きしるしておこう、と思いたっただけです。

では、本人もどういう方向に行くのかわからないまま(笑)、つれづれなるままに、シリーズ連載でいってみたいと思います。

スポンサーリンク



そもそも、「日本語で考える」というときに、

日本語を通じて先にアタマの中で日本語の文章を組みながら考えているケースと、
そうでない、反射に近いケースで、口からでているケース

の二通りがありますよね?

英語においても、これはまったく同じだと思うんですね。

だから、そもそもそれをひとくくりにして、「英語で考えましょう」などと、はしょったスローガンにしてアピールしてしまうのが、まず問題

この場合、

「とりわけ、何らかの論理的な組み立てをしてそれを自分の意見・主張として発信する場合や、あるいは大なり小なり相手の論理的説得にかかったりする場合に、その根本の組み立て作業をアタマの中で行うときの使用言語としては、英語を選ぶべきか、日本語を選ぶべきか」

というのが、「英語で考える」というキャッチフレーズが、正しく問題提起したい方向だと思う
のです。

ま、いちいちこんなに長く説明していたら、この「英語で考える」アプローチそのものが、こんなに深くは浸透しなかったでしょうけど(笑)。

日常会話などで、なにかを考え、それを口にだす瞬間は、言語的な組み立てを行うより先に、アタマの中でモヤっとしたイメージが先に走っていませんか?

少なくとも、ワタクシが話す場合はそうで、これは英語でも同じです。

たとえば、相手と会話していて「それは間違ってるよ」と言いたいときに、先に頭の中で「それは間違っているよ」という日本語がアタマの中にでてきて、それを「えぇと、この日本語文章を英文に置き換えなきゃ。”No, you're wrong."でいいかな」と変換して、口に出しているわけではないでしょう。

どうですか?

しかし、だからといってストレートに”No, you're wrong."と言えたところで、それも、必ずしも「英語で考えた結果として、相手の正誤判断をしている」わけでもないように、思うのです。

言った当人自身、「英語で考えた結果として、自分がそういったのかどうかがよくわからない」ケースは、確実にあると思うのですよ。


えー、長くなりましたので、また次回への続きとします。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.