過去の全記事は⇒ サイトマップ

「上達した自分の姿」のイメージにつき、取扱注意のこと。

今から話すことは、別に英語・英会話だけに、限ったハナシではなくて。

およそ努力の積み重ねの結果として、技術的な向上が得られる分野なら、なんでもそうではないか、と思うのですが。

英語が通じたときの喜び、これは、ひとえに、「自分の英語で、コミュニケーションがとれた!」という嬉しさに、つきると思います。

しかしながら、自分の英語がうまく通じなかったとき、または自分の口からうまく文章が出てこなかったときの心の動きは、実は、その逆の「自分が、うまくコミュニケーションをとれなかった。」という悔しさ、ではないのですね。

これは実のところ、『自分が思い描いていたイメージを実現できなかった、自分のイメージと現実との間に、隔たりと落差があることをはっきり思い知った、悔しさと苦さ』なわけです。

うまくいったときといかなかったときの、アナタのココロの動きは、はっきり質が違うんです。

失敗したときは、相手とのことには、チラとも思いが至らないわけですな(笑)。

で、大事なことは、我々のそのイメージというのが、実にもろい、根拠のない、想像の産物に過ぎないことを、はっきり自覚することだと思うのです。

アナタの、そのイメージには、なんの根拠もないわけです。

だから、根拠がないものと現実との落差を嘆いてみたところで、意味がない。

アナタが、英会話の現場でうまくしゃべれなかったときには、うまく行った時の反対の感じ方、すなわち「なぜコミュニケーションできなかったのか」、という思いにまず至らないといけない。

発音がおかしかったのか、文章の組み立てがまずかったのか、単語の使い方がまずかったのか、それともTPOをわきまえなかったせいか、などなど。

そういうことをまず考えるほうが、頭の中で独り歩きしているイメージとの違いに、内心ひとりで腹を立てているよりも、アナタにとっては、ずっと有益なことだと思います。

ワタクシは、別にイメージ・トレーニングの専門家ではありませんが。

ただ、イメージをコントロールするというのは、どんな分野でも、相当に腕が立つというか、ベースとなる実力のレベルがかなり高いヒトにとって有効な作業になるのであって、初心者のイメージ・トレーニングは、相当に難しいんじゃないかと思います。

自分のイメージに、結局負けてしまう、というか。

昨日今日バットを持った人間が、ホームランのイメージ・トレーニングをいくらしたところで、かすりもしないのが、フツーなんじゃないですかね。

まずは、正しいバッティング・フォームとスイングを学んで、自分のそれがどうなのか?をチェックしない限りは、ヒットすら打てないよ、ということじゃないかと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.