過去の全記事は⇒ サイトマップ

より実践的な英会話学習のために、まず自分の現在の状況から出発する。

英会話がうまくなりたいと思って、ヒトはみな(笑)、一生懸命リスニングの勉強にはげんだり、NHKの英語講座をかけもちで聴いたり、英会話学校に通ったり、するわけですが。

しかし、たいがいの場合は、一定の表現パターンを数多く学び、自分の生活や状況に照らして、そのたくさんあるパターンの中から、自分に合っているものを選びとる。

英会話習得のための教材なりカリキュラムなりは、そういうのが少しでもやりやすくなるような観点から、企画・構成されているはずです。

というか、どうしても、そういう作りにならざるを得ないので。

理由はすこぶる簡単で、教える側は一主体なのに対して、その教えを受ける側(学ぶ我々の側)が不特定多数だから、です。

教える側からすると、学ぶ側の、的を絞りきれないわけです。

どうしても共通項を探しだして、最大公約数として落ち着きそうなところに、教材を構成せざるを得ない。

せいぜい、ジャンル・分野別に大きく、くくることで、そのくくりに所属する人に、より身近で利便性が高い内容にしていくところまでが、限界なわけです。

言いたいこと、おわかりいただけますでしょうか?

例をあげると、たとえば、会社の業務で英会話を学ぶ必要がでてきたときに、アナタがまず勉強するのは「ビジネス英語」のジャンルの中の、「会議・ミーティングによく使われる重要表現」というヤツになってくる、はずです。

「会議は何時からはじまりますか?」とか
「そのご提案は、社に持ち帰って検討したいと思います。」など、

数多くの会議表現のパターンを、最初にたくさん学んで(あるいは、学ぶよう誘導・指示・強制(笑)されて)、でも結局のところ、アナタが実際の場面で使うであろう表現は、その中から「アナタが関わる会社の会議の状況に、もっとも適した表現だけ」、ということに、おそらくはなるわけです。

で、その「アナタが関わる会社の会議の状況」は、アナタにしかわからない話であって、英会話教材や英会話学校は知る由もないですよ、ということを、言いたいわけです。

ここまでは、きわめてあたり前の話ですよね。

スポンサーリンク



そりゃ、いつどんな表現を使うことになるかはわからないので、上の例で言うなら、「およそ会議に関係しそうな英語表現は、全部おぼえるべきだ」という考え方もあるでしょう。

でも、会議で使う英語表現数だけで、本一冊分くらいには軽く達するくらい、もうたくさんあるわけです(というか、実際、そんなタイトルの本があったような…)。

普通に勉強しているなら、「いつか役にたつから全部覚えようね」式のアプローチは無理な場合が多いし、無駄も多い。

それに、アナタはいずれにせよ「自分が使いそうな会議表現」のいくつかを、どっちみち選び取る作業をするときがくるわけです。

だから、効率的かつ実践的に英会話の勉強をしたければ、まず最初に、「自分を取り巻く状況がどうなのか」をきちんと整理し、全体の状況を把握したうえで、次に、自分の状況にできるだけあった英語を探していくことも、考えてみるべきでしょう。

これも上の会議の例で言えば、

普段、自分が会社で出席する会議で、どういう言い回しがよくでてくるか。
出席者はどういった聞き方や質問をしてくるのか。
自分が発言する時のことを振り返って、どういう言い方や尋ね方をしていることが多いのか。

次に会社の会議にでた時には、そういった自分を含めた出席者の状況を、じっくり観察してみることです。

必要に応じて、時折メモをとっておくのもよいでしょう。

そういう観察を何回か行った後で、「自分がよく出くわす会議での表現や言い回しは、英語では、どういう風に表現するのか?」を調べ、それらを優先的に、意識して身に付けていくようにする。

この「まず現在の自分をとりまく状況から出発する」アプローチ、例えば上の例のように「会社の会議」とか「仕事帰りの飲み会」とか、自分なりにテーマをひとつだけに絞ってやってみることを、オススメします。

自分の今の状況から出発するので、英語の勉強がケッコー楽しくなること、うけあいであります(笑)。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.