過去の全記事は⇒ サイトマップ

アメリカ英語とイギリス英語の違いを学ぶには、この本で。

皆さんは、ふだん勉強されるとき、アメリカ英語とイギリス英語の違いについては、どれくらい意識されているでしょうか?

まぁ、覚えることや使いこなすことに必死で、とても細かい違いまで目配りしてる余裕がないよ…というのが、実際のところじゃないですかね。

ワタクシもそうでしたし、昔よりは多少違いに気を配るようになったものの、まだまだ全然ダメです。

しかし、外国語を話すということは、つまるところその国の文化や慣習の中に半身を浸けているようなものです。

両者の違いに関する知識を持っていることは、アナタが英語が上手くなればなるほどに、その上達を加速するいわばスパイスとして、じわじわと効いてくるのです。

ホントですって(笑)。

ということで、英語・英会話の上達に速攻で寄与するということはないと思うものの、後々のために読んでおいたほうが絶対によいと、自信を持ってオススメできる本を、ご紹介しておきます。

アメリカ人の英語 ― 文化と言葉のまるわかりガイド
(ディレリ・ボルンダ ジョンストン (原著・著),伊藤 菜摘子 (翻訳) 、NHK出版、¥1,050)

これは、ロンドンに移住したアメリカ人作家が、主にイギリス英語圏の人を対象にアメリカ英語との差異をジャンル別に記した原著”Speak American”の翻訳本です。

日本人向けの注釈は特段入れていないにも関わらず、まるで、そもそも私たち日本人の英語学習者のための本じゃないの?と思うくらいに、興味深く読めます。

今後、アメリカとイギリスに留学なり旅行なりでまたがって行く可能性のある方には、特にオススメしたいガイドブックとなっていますね。

ディナーにお呼ばれした時の振る舞いとかチップの目安、会話上タブーとなる話題など、渡航時のマナー本としても読んでも、様々な新しい気づきを与えてくれます。

また学習者にとっても、目からウロコ状態の一口知識的な記述が多くて、これまで英語に触れる過程で漠然とやりすごしてきたささいな疑問を、これ一冊でかなり解決できるかもしれません。

例えば、「24時間表記はアメリカでは基本的に使わない、16:30が午後4時半と理解できるのはアメリカでは軍人だけ」、なんて、ご存知でしたか?(金融業界の人なんかも、さすがにわかると思うんですけど…)

また、「トイレはどこですか?」は、なぜアメリカではWhere is the toilet?とは決して言わないのか?、とかね。

皆さんが辞書で見ているにもかかわらず、バクゼンと放置しているに違いない(笑)、米英のつづり(Spelling)の違いについても、わかりやすくまとめてあります。

文章を読んでいて、「あ、これはイギリス英語だ」と気づいたりする瞬間も、なかなか楽しくていいですよ。

ということで、読んだ分だけ英語、そしてアメリカとイギリスが身近に感じられるようになること間違いなしの、良質ガイドブック兼楽しい英語の読み物、です。

マジ、オススメですねぇ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.