過去の全記事は⇒ サイトマップ

英語の勉強疲れに、10秒くらい逆立ちを。

皆さんは、英単語をおぼえたり英文を読んだりで、どれくらいの時間集中したら頭が疲れてくるというか、ちょっとボーッと(笑)してきますか?

個人差があるとは思いますが、ワタクシなどは新しい英単語を覚えにかかったときは、せいぜい30個目に入る辺りが境界線ですねぇ…もう休みたくなってくるというか。根性のないハナシでもありますが。

「特定の作業に煮詰まったときの気分転換の方法」は、世に色々紹介されてますが、ここでは即効性の高さということで、「逆立ち」をオススメしときます。

逆立ちは”ヨガの王様”と称されているポーズとのこと。
ものの本によれば、逆立ちを習慣化している人としていない人では、その老化スピードも全く違うそうです。

詳しい効能は、↓このサイトあたりを読んでいただくとして;

何故、逆立ちは健康に良いのか?

「脳内麻薬」とか、書いてありますが…その辺りの医学的根拠としての正当性は、正直よくわかりません。

が、

・逆立ちによって血液が逆流し、脳への血行が促進され、その働きが活性化される。
・身体全体の血流配分を再調整し、疲労回復にも大いに効果がある。

この辺までは諸説一致しており、確かなようです。

まぁ、あんまり長くやっていると血が上ってきますし、一回10秒くらいで充分じゃないですかね。
単語の暗記などで疲れたら、壁を使って時々ホイッ!と、逆立ちするわけですね。

逆立ちがツライ人、↓に載ってるイラストのように「肩立ちのポーズ」で脚を上げるだけでも、ずいぶん良いようです。
(首を痛めないように、無理せずにソロソロとやってくださいね!)


逆立ちなんか、もう何年もやってないよ…ってヒト、意外に多いんじゃないですかね。

日中、会社ではさすがにやりにくいでしょうから、帰って一休みした後にでも、どうぞお試しください…。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.