過去の全記事は⇒ サイトマップ

英語が「わかる、聴き取れる!」と感じた瞬間について。

皆さんもそうだと思うのですが、「こうやって英語・英会話の勉強を続けていて、うまくなったと思う時が、果たして自分にやってくるのだろうか?」といった、漠然とした不安にさいなまれる瞬間が、ありませんでしょうか。

英単語帳を広げて忘れた単語のチェックをしている時とか、通勤電車で英会話のCDを聴いている時とか、英会話学校の帰り道とか。

自分が前に進んでいるのか、その場足踏みをしているのか、いやひょっとしたら、前より後退しているんじゃないの?などと、自分のやっていることが全く意味のないように思える瞬間が、誰にでもあるんじゃないでしょうか。

ワタクシは昔、結構そういう気持ちになることがありましたので、他のヒトもそういう気持ちになるんじゃないかなぁ、と、やはり思うわけであります。

で、その疑問に対する答えはどうなの?と、なると思いますので、ワタクシの個人的感覚を書き留めておきます。

あくまでも個人的な体感になりますが、「あ、オレ、英語が以前よりうまくなってる。前よりずっと何を言ってるか聞き取れてるし、会話もなめらかになってる。」という「感じ」は、あるとき、自分の中に、確かに訪れました。

ただそれはいつか?と問われると、「×年×月×日の何時頃」というかたちではっきりと日時を特定して、思い出すことはできません。

自分の場合は、ある固定された瞬間というか一時に、鮮やかなかたちでその「感じ」をつかんだわけではありません。

今となっては漠然とした記憶なのですが、それはある日突然きた衝撃ではなくて、非常に緩やかに、いつの間にか自分の感覚にふっと寄り添うように、そう思えた時が何度かあったのです。

スポンサーリンク



たぶんそう感じた時こそ、ひとつかふたつ、自分の英語の実力として、いわゆる壁を超えた実感を持った時だったように、今となっては思えます。

だから、これはたぶん英語に限らないと思うのですが、コツコツと積み重ねることって、それ自体、なかなかに面白いことだと思うわけです。

自分がまったく変わっていないような時間がものすごく長く続いて、それがあるときにふっと、別のかたちをとっていることに、気づく。

そして、それに気づいた自分自身を、はっきり認識する時がくる
のです。

そういう時がいつどういうかたちで訪れるかは、もう様々でしょうけれども。

ただ、同じようなことをいっているヒトが世の中にあまりに多いことからしても、今も英語の勉強を続けている皆さんにも、きっとそういう「感じ」を得る時が訪れると思うのです。

ホント、きっとくると、思うんですよ。

ワタクシとしては、途中で投げてしまってそういう「感じ」を体感しないまま終わるのは、人生において非常にもったいないことのような気がするので、皆さんにもそれを味わっていただきたいものだなぁ、と、他人事ながらも(笑)思うわけでありました。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.