過去の全記事は⇒ サイトマップ

英文を毎日ちょっとずつ書く習慣づけを、してみる。

最近はこのブログも含めてですが、英語について考えることは多くても、英語を書くことがずいぶんごぶさたになっていて、内心マズイ、マズイ…と、感じていました。

でも、以前も書いたような気がしますが、読む・聞く・書く・話すの4つにおいては、なんといってもこの「英語を書く」ことが、他の3つに比べると、どうしても時間がかかります。

聞くのは「速聴」という方法もありますけど、「書く」のはどうしても実際に手を動かなさいといけない分、他の3つより時間がとられてしまうのが問題です。

いろいろと他に、やることも書くものもあるしなぁ。
かといって、このままwritingをおろそかにすると、力が落ちる一方ですし。

ほとんど毎日練習する必要がある以上、(1)一日ちょっとずつ練習ができる、(2)実用性が高くて、応用が利きやすい、(3)長くても2ヶ月くらいで制覇できる、という3つを目安にして、書店に本を探しに行きました。

(3)については、ワタクシの個人的考えですが、社会人の英語学習という意味で、何か一冊の本をマスターした、という満足感を得るためには、せいぜい長くて1、2ヶ月以内の内に、記載されている内容をほぼ全部をマスターするのが最上、と思います。

読了して1クール終えるのに3ヶ月以上かかったら、2クール目の復習を必須と考えた場合、ちょっとスパンが長すぎて息切れしそうな気がしませんか?

理想的には、1クール目を長くても2ヶ月以内に終えて、2回目は復習を兼ねて再読するのに半月程度、というのが、ワタクシが大体頭の中に置いているペースです(ま、受験を控えた学生さんの場合は、こんな悠長なペースでやってると、競争に負けちゃいますけどね…)。

で、上記3点を満たすのでは?と、選考の結果、選んだのがこれです。

「英文メール とにかく100語で伝える、書いてみる」 (長尾和夫+アンディ・バーガー、 すばる舎、1575円)

100語で1回の練習が終わり、全部で57レッスン(ということは、一日1レッスンやって大体2ヶ月弱)ということで(1)と(3)はOK、英文メールは結構書く機会も多いので、(2)の個人的実用性も満たす、ということで、なかなか良さそうです。

これで果たして鈍りつつあったwritingのカンを、とり戻せるか?と期待を寄せつつも、一冊ちゃんと終えたら、2ヶ月後(だいたい6月末ですな)には、またこのブログでこの本の使用感も含め、またご報告したいと思います(と、公言して、自分自身にプレッシャーかけとかないとね!)。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.