過去の全記事は⇒ サイトマップ

(4)英文は速読するに限る。

英文の速読は、とにかく心の中で「速く!速く!」といいきかせながら読むことだけでよい、と昨日書きましたが、実はポイントがもうひとつあります。

それは、「新聞の特集記事でもエッセイでも旅行記でも、ひとまとまり完結したところまで読み終わるまでは、とにかく辞書を引かないこと!」です。

辞書を引くと、頭の中のエンジンがせっかく高速回転し始めたところで、いきなり逆方向にブレーキをかけようとするようなものです。

辞書を引かないまま読み終えると、なんとなく6割とか7割しか理解できていないという自覚が、ありありと自分の中に、残りますよね。

それでいいのです。完璧主義はイケマセン。

それよりは、量をこなすことを考えたほうがよいです。
なるべく色々なジャンルの英文を、速くたくさん読むようにする。

そう、日本語で新聞記事を読む時のことを、イメージしてみてください。
忙しい朝なんか、最初のパラグラフと、あと目に付いたところを数箇所拾って、細かいディテールは放置でしょ。

「日本語は読めばわかるが読まないだけ、英語は違うんだよ」、と思われますか?
でも、どちらもろくに頭の中に残っていないという点では(笑)、結果は一緒だと思うんですがね。

こういう類の速読の練習を長期間続けていると、いったい何が起きるか。

それは…

スポンサーリンク



速読の効用、それは「わからない単語や文章があってもさほど気にならなくなり、気持ちの平静を保ったまま、長時間英文を読めるようになる」ことなんですね。

英文をちょっと読んだだけで頭が疲れて英語がイヤになってしまうヒトは、あなたの周りに、実に実にたくさんいるはずです。

英文を読むということは、英語を学習する日本人にとって結構体力とスタミナを要することなのですよ。

そういう意味では、マラソンの世界ですね。

本当の意味で、人生の長い期間にわたって英語を使いこなしたければ、いくら英文を読んでも疲れないように、自分の体質を作りあげていく必要があります。

この辺はリスニングでもライティングでも、同じだと思うのですが、速読の練習もしかり。

長く続けること、それ自体に深い深い意味があると思うのです。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.