過去の全記事は⇒ サイトマップ

(3)『英語が使える日本人』への道のり

文部科学省の5年がかりの計画も、目標大幅未達に終わる気配で、プラン練り直しの状況に近い、という話を書いてきていますが。

まぁ、この記事を最初に読んだとき、その結果にも驚いたのですが、実は真っ先に頭をよぎった記憶は、「自分が中学校や高校で英語を教わったときの先生の姿」でした。

ワタクシが中学生や高校生だったときは、今日と違ってかなり先生の権威というものがいきておりまして。

鉄拳制裁もゼンゼン当たり前でしたし、英語の教科書の音読が悪ければ立ったままで何回でもやらされましたし、放課後の居残り特訓というか、補習なども日常茶飯事でした。

また、俗に生徒の間で「あの先生は英語ができる。なぜなら、発音が上手だから」などと、まことしやかに先生の英語力の優劣の格付けが流れていたりしたものです(なんの客観的根拠も無い、単なる印象点の類ですけれども)。

なので、そういう怖い英語担当の先生方の顔を、思わず順番に脳裏に思い浮かべて、「あぁ、あの当時はすごく英語ができるように見えた先生たちも、実はホントの英語力は意外とたいしたことがなかったんだろうなぁ、内心結構、ハッタリをかましていたんだろうなぁ。そういや、外国人と話してたところは、三年間で一回も見かけなかったしなぁ…」などと、思いだしてしまったわけです(笑)。

スポンサーリンク




いや、自分もその先生たちを下手すると追い越す年齢になった今、決してお世話になった先生たちを軽く見てるわけではなくて、なんというか、感謝の念とともに、ある種のノスタルジィを感じてなつかしくそう思うわけですよ。

きっと、生徒から「万一自分が答えられないような英語の質問をされたらどうしよう」などと、内心冷や汗をかきながら授業をしてたんじゃないのかなぁ、と思うと、ちょっとおかしくなってしまうわけです。

それでも、その頃に比べると、現在の環境で英語を担当されている先生方のほうが、実力比較した場合はるかに上ではないかという気がします(当時教わった先生方には失礼ながら…)。

それでも、文科省が定める目標水準にはゼンゼン未達という状況ですから、日本国民レベルという点では、先生も生徒も、よほど気合を入れなおして勉強しなくてはならない、ということですね。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.