過去の全記事は⇒ サイトマップ

(3)私の毎日の英語の勉強〔2007年・冬編〕

朝の通勤電車から降りてしまうと、iPodはそのまま聴きながら10分弱くらい歩いて、オフィスに到着します。

職場ではさすがに英語の勉強とはいかない…と、思いますでしょうか?

実は、これが結構チャンスがあるんですよ。

まず、業務柄、ひととおり世の中のニュース、自分の会社に関係ありそうな業界動向なんぞを、モニタリングしているウェブサイトをひととおり、一日に数回、Scanningします。このときに海外サイトをいくつも見て回ること自体、立派な速読・リーディングの練習になってますよね。

また、メールチェックも毎朝の定例行事ですが、これも海外から死ぬほど(一日100から200通はメールボックスに入ってます。3連休明けとか、処理がホントに大変です。)スパムメールの大群から、ファイルが添付されていないやつだけ、時々読んでリーディングの練習をしたりしています。(これはチョット珍しい部類に入るかもしれませんね…よい子はマネをしないようにネ!スパイウェアに入り込まれてしまっても、責任は持てません)

スパムメールは、なんとか読み手をひっかけようと文章に工夫をこらしてあるものも多いので、それなりに上手な文章だな、こういう言い方はマネして使ってみたいな…などと思うときもあります。

こんなことばかりやってると、本職の仕事をするヒマがなくなるので、ほどほどに切り上げて、仕事に戻ります。

スポンサーリンク




昼休み。

大抵は、英語の表現集などをぺたぺた貼った大判の手帳(Traveller's notebookというのを愛用してます。オシャレで持ち運びしやすいんで、気に入ってるんですよ。もっとも手帳というより、いろいろ英語表現集なんかを貼り込みすぎて、いまや完全な参考書と化してますが)をもって、外に出ます。

ランチの注文品がくるまでの間、手帳に貼り付けた単語メモなどを適当に見返し、「これはOK、これは…忘れたな。これは、1秒では英語で出てこないな。」などと心の中でチェックしていると、遅かった注文の品もようやく運ばれてきて、ゴハンと相成ります。

食後はドトールとか、日差しのよい時は公園で、時間まで同じように過ごし、オフィスへ戻ります。

もっとも1週間毎日ずっとこうではなくて、気の乗らないときは2日くらいやらないときも当然あります。

ただ、いかんせん数十年英語に関わっているせいか、飽きて投げ出すということ自体が、無くなってきていますからね。

しんどければその日は休み、やれそうなら飽きるまで2時間でも手帳とニラメッコ、といった風で、緩急がついてむしろよいかな、と思いながら、英語とはつかず離れずの関係で、今日までなんとかやってきています。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.