過去の全記事は⇒ サイトマップ

(6)日本人にとっての英語・英会話

幼児期・小学生という段階から英語の習得をスタートすることの意味合いについて、色々と考察してきました。

正直なところ、これだけ街にカタカナ英語が氾濫し、英語の歌が一日中流れ、外国人が通りを闊歩し、洋書の新刊が平積みで書店に並べられ、CNNがオフィスで一日中流れる世の中になっても、いまだ英語そして英会話というものは、大部分の日本人にとり縁遠い世界にあるようにも思えます。

それなのに、その現実がまったく存在しないかのように、日本社会は英語教育の強化と早期化を旗印に、どんどんと走り出しているかのように思えます。

今日の日本人にとっても、教材や指導のハウツーがこんなに進歩しているにも関わらず、英語を気軽にそして自在に使いこなす社会の到来は、まだまだ遠い先のように思えます。

同時に、「日本人ここにあり」と、そのアイデンティティを国際社会で示すための、有用で実用的な英語を教えることのできる教師陣、そしてそれを促すための社会的インフラも、まだまだこの日本には不足しているように思えます。

しかしながら、これらの問題すら、ワタクシとしては、いつかは解決に向かうような気がしています。

スポンサーリンク



つまり、英語を日本語にほとんど近い水準で自在に使いこなす世代層が、この日本において過半を占めるようになる時代が、いつか必ず到来すると思うのです。

解決のキーは「時間」、そして「インターネットの普及を核とした、デジタル情報のやりとりを今以上に著しく容易にする、インフラの確立」だと思うのですが、この辺りは、実は自分の中で考えが充分に煮詰まっていません(「だったら書くなよ!」というツッコミは、この際、無しでお願いします・笑。)

と、いうことで。

日本人にとっての英語必要・不要論争に対する、個人的な結論としては、「これからの日本人には絶対に必要。従い、彼らの育成が国力向上につながるという使命感をもつ者は、自分たちがその範となるよう、自分にできる範囲で、自らも英語力の向上に努めようではありませんか。」と、いったところであります。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.