過去の全記事は⇒ サイトマップ

(5)日本人にとっての英語・英会話

幼児期や小学校からの英語教育は「日本語の運用能力がきちんと固まってからでも遅くはない、それ以前に英語を教えることはむしろ有害ですらある」という、いわゆる「早期英語教育不要論」があります。

この意見については、以下のように考えています。

・前半部分の「日本語の運用能力がきちんと固まってからでも遅くはない」という点では、賛成。
幼少期に英語を学ばなければ手遅れになる、英語の運用能力が早く始めた人より大幅かつ確実に落ちる、ということまでは言えないと思います。
いい年齢になってから英語の勉強をスタートし、結構コミュニケートしている人はいくらでもいるわけですから、反証の実例には事欠きません。

・しかし、後半部分「それ以前の幼児期に英語を教えることは、むしろ有害ですらある」かどうかについては、確証が持てないので、正直わかりません。

親御さんが個々人の判断に基づき、子供に英語を学ばせ始めたり、あるいは教えないようにするという選択をした上で、それぞれリスクを引き受けていくしかないのではないか、と思います。

この場合のリスクというのは、ありていに言えば、「英語も日本語も中途半端なままで、大人になってしまう」可能性のことです。

スポンサーリンク



昨日も書きましたとおり、あまり幼いうちから英語教育を施すことは、「費用対効果の面でどうか」ということのほうが、むしろ問題ではないのか?と、個人的には思うわけです。

セサミ・ストリートをみせたり、CDでアルファベットの歌を習わせたりするくらいならば、そりゃ大しておカネもかからないでしょうけど、幼児専門の英会話教室に通わせると、かるく年間数十万は飛んでいくじゃないですか。

その後やめるわけにもいかず、小学校・中学校場所をかえて続けていくと、かかるおカネがどんどん積みあがっていきますよね。

しかしてその効果は?

中学校からずっと英語の勉強を続けてきて、どの程度の英語運用能力が築かれたか?と正面きって問われると、言葉に詰まってしまうのは、ワタクシたちが内心よく知っているとおり…ですよね。

なので、中学校からさらに早倒しして学習のスタートを数年程度早めたところで、事態がどの程度改善するのか。

ワタクシとしては、気慰み程度のプラスアルファにとどまるケースのほうが圧倒的に多いんじゃないかなぁ、などと思うわけであります。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.