過去の全記事は⇒ サイトマップ

(3)日本人にとっての英語・英会話

少なくともこれからの日本人にとっては、英語から完全に遠ざかって生きようとすると、生活に色々と支障をきたす?ように思えます。

それならば、英語学習は幼少期からスタートしなければ不利に作用するものなのか。

物心ついたころから、外国人と一緒に英語であいさつし、英語の歌を一緒に歌わなくては、勉強開始が遅くなった人との間で本当に目に見える差が、のちのちついてくるものなのか。
また、小学校から英語を義務化しないと、国際化の波に乗り遅れるものなのか。

ワタクシはこれに対しては、はっきりとした答えを自分の中に持ってはいません。

ほとんど、大脳生理学等の領域のような気もしますし。自分の体験に照らしていえば、ワタクシが英語にはじめて触れたのは小学校6年くらいだったように記憶しています。
当時、はじめて買ってもらったラジオ付テープレコーダーで、NHKの「ラジオ基礎英語」を聴いたのが、確か最初だったと、薄ぼんやり記憶しています。

ひとつだけ意見らしきものを開陳するなら、幼児期や小学生に英語教育を施す場合、カリキュラムはおそらく「英語という言語への慣れ」を主眼に組み立てざるをえないだろうから、その主目的も「英語を学ぶことへの抵抗感の軽減」に終始することになってしまうのではないだろうか?ということです。  

スポンサーリンク



つまり、英語学習に対して早いスタートをきったからといって、英語力そのものにおいては、遅い(高校生とか、社会人になってからとか)スタートをきった人との間で、さほど大きく差がつくということはないんじゃないだろうか?と思うのです。

簡単なあいさつや数字の読み書き、感情表現などは、少なくとも日本人が「英語を身につけた」という場合の、目標レベルというには程遠い、前段階の準備運動のようなものだと思うのですね。

ですので、早く英語的センスを学ばせたほうが有利、という見方に対しては、有利といえば確かに多少は有利だとは思うのですが、それほど絶対的な差はつかない、せいぜい鼻の差程度、前に行ったにすぎませんよ、と言いたいわけです。

そのために子供に結構な量の学習時間を使わせるということ、これはそれぞれの家庭の判断というか考え方になってくるという、つまるところそういう話だと思うのです。

明日は小学校からの英語義務化について、私見を述べてみたいと思います。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.