過去の全記事は⇒ サイトマップ

(2)日本人にとっての英語・英会話

映画のタイトルなんかも、日本語訳したモノはひところに比べて、めっきり少なくなりましたよね。

これって、映画を見にくるなら、これくらいの意味はわかってくれなくちゃ、という、供給側の暗黙の強要を感じるようで、ちょっとイヤなんですが…。

例えば、「スーパーマン・リターンズ」なんて、「帰ってきたスーパーマン」というタイトルとかじゃ、やっぱり客足が落ちるもんなんでしょうかね…?

安部内閣になってからは、巷で指摘されているとおり、政策用語もカタカナ語が増えてきていますね。
「ホワイトカラー・エグゼンプション」などは、ちょっとアンマリじゃないの?と思いました。

普通のオトーサン・サラリーマンだって「エグゼンプション(例外化)」の部分の意味は、わからない人がほとんどじゃないの、と思いましたよ。
まぁこれは、わざとわかりにくくするように官僚サイドでネーミングしたんでしょうけど、それにしても悪ノリしすぎですよね。

あと、見逃してはならないのは、我々の日常生活における、インターネットの加速度的な普及ですかね。

いまやほとんど一家に一台パソコン、お子さんだってお婆ちゃんだってメールをキーボードでホイホイと打つ時代です。

ちょっと便利なウェブサイトを見たりソフトを利用したりしようと思ったら、英語のページにすぐ画面が切り替わっちゃったりしますし。

またスパイウェウアだウイニーだと恐ろしい時代ですから、ネットショッピングとかウイルスメール対策とかにおいて、英語のサイト説明なりメール文章なりをよんで自分で判断して、自衛しないといけないシーンも増えてきていますよね。

スポンサーリンク



ということで、

日本人は、英語をある程度制度的に学んでいかざるを得ない環境にはなってきている

と、やはり思わざるを得ません。

これは良し悪しの問題ではなくて、現実に生活を送っていくために多少の英語の読解が可能でないと、自らの生活情報の100%のコントロールをすることが、徐々に難しい流れに世の中がなりつつある、ということです。

これからの時代は英語が理解できないと、わが子の生活そのものが脅かされるおそれがある、という防衛本能が、母親たちを子供の英語学校入学手続へと駆り立てているのではないか?などと勘ぐってみたくもなるのですが。(まぁ、そこまででもなくて、単なる受験対策というレベルかもしれませんが…)

いずれにせよ、もはや美しい日本語だけに囲まれて一生を送るのは、不可能のようです。

美しい日本語もできれば学んだ上で、さらに英語もやんないといけないというシンドイ環境に、これからの長い人生を送らないといけない幼児や小中学生たちは置かれているわけで、ちょっと可愛そうな気もしてきます。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.