過去の全記事は⇒ サイトマップ

(5)外国人と話すとき、なぜキンチョーするのか?

さて、昨日までツラツラと考えてまいりました、外国人と英語で話すときにキンチョーする理由を自分なりにまとめると、こうなります。

(理由1)文化的背景が異なる「未知」の世界からきた人物と接触すること、そのものへの恐れ。
(理由2)自分が想定しイメージしてきたコミュニケーション・レベルに、現実の自分は達してはいないのではないかという心配から、プライドが傷つくことへの恐れ。

上の二つが正しいとしたなら、これは別に「英会話の上手い下手」から必ずしも直接的に引き起こされているものではないことに、気づきました。

別の言い方をすれば、いくら英会話が上手くなったとしても、この二つの恐れの感情はストレートに消えてなくなるわけではない、ということになります。

では、この二つの恐れの感情がわくことのないよう、消し去る方法はあるのでしょうか?  

スポンサーリンク



おそらくその方法はある、と、ワタクシは思います。

ただ、仮に方法があるとしても、無理に消し去ろうとすることで、なんだか大きな副作用のようなものが、うまれてくるような気がします。

それは、自分の感受性や気持ちの動きを、自ら鈍くしていく行為にほかならないのではないか、と。

自らの感覚を、未知の対象と接触したときにたいして気にもならない、道端の石ころをみたほどにも感じない、という方向に向けていく訓練をするよりは、こういう恐れの気持ちが自分の内面にいつまでもあることを認めたうえで、それをゆっくりと自分の中で飼い慣らしながら、じっくりつきあっていく。

英会話においても、キンチョーするのは当たり前、その内面に泡立つ緊張感をかすかに感じながら、目の前の外国人とのコミュニケーションを、楽しんでいく。

そういう風になれたら、これはなかなか味わい深いのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

まぁ、一朝一夕には、そういう心境にたどりつかないとは思いますが。

さて、なんとなく、自分の中でひとつ、オチがつきました(笑)。

明日からは、また別の話題に転じてみたいと思います。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.