過去の全記事は⇒ サイトマップ

(2)外国人と話すとき、なぜキンチョーするのか?

英会話において外国人と話すときの、キンチョー感に関わる考察(笑)を続けます。

まぁ、海外に住んでいて、回りに日本人の姿は影も形もなく、現地の人と英語でやりとりしなければ生活すらままならない、というような環境ならば、話は別かもしれません。

あとは、向こうで生まれ育ったとか、仕事で何年もいたとかね。こういう人たちは、いちいち緊張していたら神経が衰弱して身体が持ちませんので、この話題からは当然に除かれます。

(ちなみに、いきなり話がそれますが。

いわゆる帰国子女で英語がペラペラだとか、出張で海外に何年もいたとかのバックグラウンドがあって英語がうまい人たちは、うまくて当然なので、あまり大きな顔をせずに、日々謙虚にしていただきたいものだ、とドナは、いつも内心やっかみ半分で思っています。

そんなのは、外的な環境の強制的作用で、その人の脳に英語力を上げさせるよう英語を適応させる強力なドライブかかっているだけですから、うまくなるのが当たり前なんですよ。

むしろ、この日本から一歩も出ずに、「チキショー、国内で英語ベラベラになってやるわい!」と、辞書や英単語帳片手にシコシコ頑張っている人たちのほうに、異様なる親近感(笑)をおぼえます。
ま、かくいうワタクシが、モロそういう人間でしたからね・・・。

なので、このブログはそういう人たちに向けて、書いているのであります。)

おぉ、話が大きくそれたので、元に戻します。

まず、ワタクシが考える、「キンチョーの理由その1」は・・・

スポンサーリンク



「未知との遭遇(笑)、未知なる者への恐れ」が心の奥底で働いているからではないか?、と いうものです。

目の前の相手をよく知らない・・・ということは、それだけで心理的にプレッシャーがかかるものですよね
特にその人間と一定時間会話によるコミュニケーションをとる場合とか、商談に入る場合とかは、それが更に増幅されるのではないでしょうか。

一般に、相手が日本人であったとしても、初対面の人と話すときには、それなりに警戒アンテナが働くものです。
ある程度相手の情報を入手してはじめて、ほぼ警戒感を解くわけですね。

相手が外国人の場合はなおさらで、警戒というレベルを超えて、言語的コミュニケーションが困難かもしれないという思いがそれにプラスされて、「警戒」が「恐れ」へと昇華するからではないのか?と、思うわけです。


 

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.