過去の全記事は⇒ サイトマップ

(1)英会話学校に行かなかった理由

「そこツボ!」のドナでございます。

何故か、なんとなく避けていた話題ではありますが、英会話学校(教室)について、ちょっと書いてみたいと思います。

英会話学校、果たして行った方がよいものかどうか…と思っている方も、この日記ブログをお読みの方の中に、いらっしゃるかと思います。

ということで、ちょっと自分の考えを整理するためにも、英会話学校には行くべきか、行かざるべきか?ハムレット!ということで、書いてみたいと思います。

実はワタクシ、英会話学校(教室)には、生まれて40数年、今日に至るまで、見学を含めてまだ一度も足を運んだことはありません。

別に、たいそうな信念や理由があったわけでもありませんが。

まず、一番の理由は、授業料が高くておカネがベラボウにかかるのではないか?と、ずっと思っていたこと。
いや、正確には、料金がどれだけ高いか、の問題ではなかったですね。

ウン十万円の費用投下して、それに見合った英会話力の向上がもし得られなかったらどうしよう、ひどく後悔することになるのではないか…という、いわば費用対効果について、どうにも自分の中で自信が持てなかったこと。

いや、英会話学校自体は、いまや過当競争気味で、支払うコストがずいぶん下がってきているのは、いくら行ったことがなくったって、さすがに知っています。

都心部でちょっと道を歩いてると、ティッシュペーパーやら、フリーペーパーやら、そりゃ否が応でも目に入ってきますからね…

問題は、「自分の内面」、だと思うのです。

スポンサーリンク




いくら、自分の外側にいる学校側で「みるみる上達します!」とか「TOEICが××点アップしなければ全額返金します!」と煽ってくれても、ですよ。

英会話学校に通いつめた結果、これだけの自信がもてるようになった…というものを、自分の内側に持てなければ、単にネイティブスピーカーズに囲まれて楽しかった、というフワフワした雰囲気を味わうだけで終わることになるんじゃないか…などと、グルグル堂々巡りで、何年も考えていたわけです。

こればかりは、いくら外側から安易に「大丈夫です!」などと言われたって、そうそう確信が持てるようになるもんじゃありませんから。

手元にお金が潤沢にあるんなら、考えている間に行ったほうが早い、という考え方もあるでしょうね。

「時間をお金で買う」発想、忙しい現代に向いてます。

しかし、よい悪いはおいといて、行こうか行くまいかと逡巡しつつ、結局、ワタクシは、「長い時間をかけて独学で英語力を磨き続ける」路線で、今日に至ってしまっているのです。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.