過去の全記事は⇒ サイトマップ

(5)発音記号は嫌い

カタカナ発音を利用していくときに、次の二つは大事なポイントになると考えています。

その1) 「リスニングが第一、カタカナ発音はサブの位置づけ」を忘れないこと。

CD等を使って英単語の発音を実際によく聴きこんでから、その後でカタカナ発音をチェックする、という順番です。
実際の音を聴くことを省略したり、また逆にカタカナ発音をおぼえることを軸にしているようでは、ダメです。

本来、英単語の音を聴いて、それがマネできてそしてきちんと伝われば、カタカナ発音や発音記号のお世話にはならずに済ましても、実際上そう問題はないわけです。

発音のよい悪いや上手い下手の前に、アナタが耳で一生懸命聴き取った「音の感じ」を、強烈に脳に叩き込むことを、まず第一にしましょう。

その2) アクセントが大事、どこにアクセントがあるかをしっかり確認する。

カタカナ発音を使うなら、正確なアクセントの位置と「セットで」考えていくべきです。
アクセントさえ正確なら、ネイティブには勢いで結構わかってもらえるのではないか?と思えるくらい(笑)、ここは大事なところです。

カタカナ発音の表記をした本をみても、アクセントの部分は太字になっていたりしてわかるようになっているケースも多いようですので、その分、どこにアクセントがあるのかの確認はしやすいはずです。

スポンサーリンク




ちなみにイントネーションとの違いですが、大まかにアクセントは「単語ベースの発音の強弱」、イントネーションは「文全体にかかる音の高低」と考えておいていいでしょう。

そういう意味で、英語・英単語においてアクセントが大事ということは、すなわちイントネーションが大事、ということでもあります。(イントネーションの話は、また別の機会に)

念のため、決して発音練習がいい加減でもよい、と言っているわけではありませんので(笑)。

英会話においても、正確なアクセントを身につけて、強弱をはっきりした英語をしゃべると上手く聴こえるものです(笑)。

アクセントは、英単語の勉強過程において、絶えず意識するようにしたいものです。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.