過去の全記事は⇒ サイトマップ

(1)「座右の銘」2選

本日は、私的「座右の銘」について、雑談です。

今日は雑談コーナーですので、英語の話題抜きであることを、お許しを(笑)。

ところで皆様、「自分の人生におけるスローガンはこれだ!」的なものは、お持ちでしょうか?

ワタクシは、基本的に座右の銘なるものは、持たない主義です・・・とまで、格好つける気はありませんが。

なにせ、自分でもすぐに「座右の銘……あれ?なんだったっけ?」という感じで、激しく忘れてしまうので(笑)。

忘れるということは、「結局は自分にとって、大した重要性をもたないものだったのだ」、と自らに言い聞かせ、そのまま無理に思い出さないようにしていたりするわけです(笑)。

ということで、そういうことに大して関心もないままに、40数年を過ごしてきたわけですが。

ところがなんだか久しぶりに心にスッと入ってきて、結構長くおぼえている言葉、二つにようやく(笑)巡りあいましたので、これを座右の銘とさせていただくことにしました。

受賞したのは(笑)、次の2選です。

スポンサーリンク



なお、念のため書いておきますが、フレーズそのものはうろおぼえです(笑)。

でも、趣旨としては確実にこうですので、気になる方は原典をあたってみてください。
(最初のは、原典そのものもうろおぼえですが…(笑))。

まず一つ目。

「人の人生において、すべての時間はなんらかの役にたっている、意味がある。
無駄な時間というのは、ただの一秒たりとも無いのだ。」

これはだいぶ改ざんしてますが(笑)、とにかく趣旨はこうです。

あの秋元 康氏が、対談の中で、自分がモットーとしている考え方として引いていたもので、コンビニで雑誌を立ち読みしているときに、目に止まったものです。(ということで、原典である雑誌の名前を失念してしまいました…スミマセン)

なんだか、「これは確かにそうだよなぁ・・・」と、ひとり深く納得してしまいました。

・通勤電車の中でボーッとしているときも、
・寝ているときも、
・ぼんやり部屋で独りうつろに過ごしているときも、

生きるという連続的行為の中で、何がしかの意味のある行為なのではないか、遠くとも、何かに最終的につながる行為なのではないか、と思えてしかたがないのですよ、最近。

よく「時間を無駄にしないよう」などと言われますが、「生きている一瞬一瞬の時間の本質において、無駄な瞬間はない」、という考え方は、明日を生き抜くのに力となる言葉のような気がしたのです。

時間の効率的な使い方ができているかいないか、の問題はたぶんあるでしょう。
しかし、無駄と感じるも感じないも、自分の心のありようですよね。

ワタクシは、これからは、一日を終えて寝るときには「今日も無駄な時間はなかったけど、明日はもう少し能率よくやろう」と言い聞かせながら(笑)、床に着くようにしたいと思います。

長くなりましたので、もう一つは明日に書きますね。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.