過去の全記事は⇒ サイトマップ

(1)発音記号は嫌い

英単語のおぼえ方の話を続けてますが、フツウの単語帳に必ず記載されている発音記号、ありますよね。

ちょっとこの話を書きたくなったので、ここで横道にそれて、別立てで書いちゃいます。

ドナは、発音記号は嫌いです。

いや、発音それ自体は好き(というか必須か)ですが(好きも嫌いも…・笑)。

「発音記号なるものをおぼえていく」のが、なぜか嫌いでしたね。

発音記号はよくできた仕組みと思いますし、数もそんなに多くない(40個ちょっと)くらいですから、おぼえられない、というわけでもないんですが…。

そういや、昔テストでよく「ひとつだけ違う発音のものを選べ。」とかいって、文字の下に線が引いてあって、rとかlとかの発音が微妙なヤツを間違えさせる…というので、それでいいだけイジメられた、トラウマからかなぁ(笑)。

う~ん、例えていえば、書ける漢字の数を増やしたいのに、ペン字の練習の如く見本を忠実になぞって「ここは最後をハネる」、とか細かいところを指導されて、何回も字を書く練習をさせられているイメージかな・・・。

どうしても、目的地に辿り着くまでのプロセスを、違う部分で一手間増やされてしまっている気がするんですよね。

スポンサーリンク




ドナは、これまでの英会話経験の中では、アクセントがちょっとヘンだといわれたことは多々ありますが(発音記号と違って、ドナはアクセントは非常に大事だと思います!いずれ別の機会に書きます)、発音がヘンだといわれたことは、あんまり記憶にないですね…。

いや、たぶんヘンなんでしょうけど(笑)、問題にするほどまでにヘンでもないと思われていた…、というところでしょう。

さて、これを読んでらっしゃる皆さんは、どの程度発音記号なるものの勉強を、マジメにやられているのでしょうか…

ドナの結論でいえば、多少乱暴かもしれませんが、「発音記号はほとんど見なくたって、英会話はケッコーうまくなる」と思うわけです。

少なくとも、自分はあまりやってこなかったし、自分のなかでの優先順位は、ものすごく低かったですね。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.