過去の全記事は⇒ サイトマップ

通じなかった英会話

ワタクシの住む北海道では、久しぶりに、大雪の一日でした。

実家の雪かきをやって筋肉痛がして、キーボードのキーを打つのもツライ…(笑)って、すでにちょっと、おサボり言い訳モードに入っております。

そうそう、実家で無心に雪をすくっては投げていたときに、思い出したことがありましたので、今日はそれを書きます。

ワタクシの母ももういい歳になりましたが、英語好きです。

なので、海外からの学生受け入れのホームステイ先として、自分の家を数日間、アメリカの高校生の女の子に提供するということを、やってました。

これは、その時の話なんですが。

一度その子を囲んで、皆で夕食をとろう、ということになり、ワタクシも母の家に呼ばれまして。
その夕食時に、ですね。

その子もせっかく遠路はるばる日本の片田舎まで来たんだし、フレンドリーな雰囲気を作ろうと思いまして、色々と話しかけたんですよ。

日本で何が一番印象深かったかとか、日本食は口にあうか、とか。

ところがなぜか、こちらのいうことにあんまりちゃんと答えてくれなくて。全然会話がはずまないというか。

あれ、もしかしてオレの英語通じてないのか?でも、こっちはその子の話す英語、ちゃんとわかるぞ。

う~ん、ワタクシのスピーキングは、やはりナチュラルさに欠けるのかぁ…と、一瞬、ガックリきましたが。

あとで、ようやくハッそうか!、と訳がわかりましたよ。

それはですね…

スポンサーリンク




女子高生の女の子と、いい年したオッサンの間で、ごく普通に考えて初対面から話がそうそうはずむわけがないんだって。

そんなのは日本人もアメリカ人もない、一般的なことなんだ、って。

そりゃ、そうですよね~よく考えたら彼女のオトウサンくらいの年齢だし、ましてや初対面だし。

まぁ、とてもシャイな感じの女の子でしたから、なおさらでしたけどね。

いい教訓となりました。英会話の相手だ、スピーキングの練習だと肩に力を入れる前に、コミュニケーションをとりたいなら、まず目の前の相手をちゃんとみなきゃ、ってことなんだな、と。

なんというか、今回のようなオッサンVS女子高生みたいな構図の時には(笑)、英語だろうが日本語だろうが、いきなり会話がはずむことを期待してはならん!それは英語力うんぬんの、はるか以前の問題なのだ!ということでして。


今日は何を言いたかったか、をまとめますと(歯切れ悪いな・笑)。


英会話がうまくはずまなかったときは、すぐに自分の英会話力が弱いとか、原因探しにクヨクヨしないで、相手のヒトは、そもそもあなたと話したかったヒトなのだろうか?を、チェックしてみましょうよ。

ということを、オジサンは、言いたかったのでありました(笑)。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.