過去の全記事は⇒ サイトマップ

(3)英会話 表現のバリエーション

英会話でのあいさつ、あいづちのバリエーションを増やすことが会話の流れを切らないためには大事だ、という話ですが。


ディビット・セインさんはその著書「ネイティブはたった100語で話している!」 の序文で、

「複数の言語学者の研究によって、わずか25の単語を知るだけで英語の3分の1がわかることが明らかにされている。…最もよく使われている100語を知っているなら、ネイティブ・スピーカーが使っている英語の50パーセントを理解することも可能なはずだ…

と書いています。

こういうことを聞いて、「じゃあ単語をたくさんおぼえるのは止めるとするか」などという単純なヒトは、まさかいないとは思いますが(笑)。


ただ、難しい単語をたくさん知らなければ、英会話においてコミュニケーションをとることはできない、という結論とならないことは、ワタクシ達のように語い力の弱さに悩まされる学習者にとっては、ありがたいことではありますね。

ここからは、ワタクシの私見ですが。

スポンサーリンク



バリエーションを増やすことは、とりわけ初心者の段階では、かなり有効な学習方法だと思うのです。

アタマの中の、会話対応のひきだしに詰め込む表現が増えれば増えるほど、そしてそこからとりだすスピードが速くなればなるほど、単純に自信がついてきますから。

ただ、それにいつまでもとどまっていては、いくら会話が滑らかに進んでも、やっぱり会話そのものに深みがでてこないんですね。


だからワタクシの結論としては、こういう会話に不可欠の短い表現集は、英語・英会話の勉強をしていくにあたっての重要な一部ではあるが、ゆめゆめこれですべて事足りると考えてはならない、ということです。

極端な話、こちらの方向を突き詰めると、自分の核(コア)がどこにあるのかを、見失いそうになるんですね。

ブラックホールのようになんでも吸い込んでしまうのはそれはそれですごいが、ブラックホールのコアはいったいなんなのだろう?ということで(こんな比喩でいいのかな…)


やはり、「自分はこう思う」という部分を、英語でどうやってなるべく正確に相手に伝えていくかを、いつも心の片隅においておくべきだと思うんですね。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.