過去の全記事は⇒ サイトマップ

(2)大切な言葉

「英語で会話している」瞬間は多々あるものの、「英語を通じてコミュニケートできた」と感じる瞬間は、ワタクシのこれまでの人生においてそう多くはなかったような気がします。

で、これは、珍しくコミュニケートした、と実感できた数少ない話のひとつですが。

あれは、さる×年前のこと…(遠い目)

以前、仕事がら複数名のアメリカ人やイギリス人と働いていました。

外資系ではなかったんですが、まあ海外向けに英語のリリースやレポート、英文の会社案内なんかを、彼らと一緒に作っていたわけですね。

このころのワタクシは、いわゆる企画営業マンでして。

営業やプレゼンをしてクライアントの注文をとった後、ネイティブのライターやエディターと一緒にプロジェクト・チームを組んで、進行を調整したりするのが仕事だったわけです。

当時、ライターはだいたい日本語がかなり上手、なかには、日本に帰化したんじゃねえの?ってくらい、ペラペラな人もいまして。

ま、種明かしをすれば、彼らは大体、ダンナや奥さんが日本人だったりするわけです。

家に帰って日本語でしゃべりまくってりゃ、そりゃうまくなるよな。

しかしその一方で、エディター、つまり編集という非常に大事な部分を担当する彼らは、逆に日本語ができるヒトがあんまりいなかったんですね。せいぜいカタコトくらいで。

彼らは日本に数ヶ月短期ビザで滞在後、仕事が終わったら国に帰っちゃったりするのが普通でしたから、あまり日本語をおぼえる必要性を感じなかったんでしょうけど。

で、ワタクシが当時組んでいたプロジェクトで、20歳台前半くらいの小柄な女性のネイティブ・エディターがいまして。

スポンサーリンク



やはり日本語がほとんどダメだったので、英語でやりとりしながら、何本か一緒に仕事をこなしてきたわけです。

そしてその彼女が、無事ワンシーズンの仕事を終えて帰国するときに、お別れの挨拶ということで、職場のワタクシのデスクに立ち寄ってくれたわけです。

正直、エディターとしての力量は感心するほどではなかったんですが、とにかく一生懸命やってくれたんで、ワタクシはもうすごく感謝して手を握らんばかりに(握りませんでしたけど・笑)、気持ちをこめて言ったわけですよ。

"Well, don't know what to say though, You really did so much for me. I …, I REALLY appreciate it." といったようなことを。

どうということのない、ごくありふれた感謝表現でしょ?

でも、それを聞いた瞬間、彼女の目に涙が玉のようにブワっと膨らんだかと思うと、いきなりポロポロと突然泣き出したんですね。

もうそのときは、いきなり泣かれちゃって、え?と、ビックリしました。

たぶん、異国の地で独り、気を張りつめて仕事していた部分が大きかったんでしょう。

自分なりに精一杯やって、ずっと働いていた同僚からその努力を感謝され認められたんで、緊張の糸が切れてつい泣いちゃったんでしょうね。

まぁ、これだけの話です。う~ん、書いてみると、ごくありふれた話ですね(笑)。

でも、その瞬間の光景は、10年近くたった今でも、鮮やかに覚えているんですね。

たぶんこれは、英語も日本語もない、本来的なコトバの力に属する話なのでしょうけれども。

それでもその時、「自分のつたない英語でも、人の心に届いて感情を揺さぶることがあるのだ」、とはっきり身をもって体験したことは、確かです。

ま、そういうこともあって、これからも英語・英会話を続けていくときに、上手い下手もさることながら、最後の最後は、コミュニケートできる、相手の心に届く英語を語れる自分でありたい、と、ふっと思う時があったりするわけです。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.