過去の全記事は⇒ サイトマップ

(2)英単語をなんとかしたい

おぼえたい英単語は、必ず発音できなければなりません。

と書くと、なんだかしごく当たり前なことを力説してますかね。

でも、今皆さんのお手もとに英単語集があるとして。
開いたら、ズラ~ッと英単語が並んでますよね、たぶん。

そして単語といっしょに、発音記号かカタカナ読みのルビか、あるいは両方一緒に、たいてい記載されていると思いますが。


それで、単語を覚えるときに、ちゃんと一緒に発音もおぼえようとしてます?
その単語がどういう音なのかを、発音してみるなりして、きちんと体感して、セットでおぼえていますか?

結構、1ページにズラ~ッと単語が20個くらい並んでいると、分量があるのをいいことに、目で追うだけで片付けちゃったりしていません?

特に、発音がムズカシそうな単語とか、一語が長い単語とか。

いや、何を隠そう、私が以前そうでした(自分じゃん!)。

スポンサーリンク



仮に、「重要英単語2000」とかいうタイトルの単語集があったら、ケッコー急いで制覇したくて、ついつい気がはやり、目でおって読み飛ばして、暗記しにかかってしまうんですよね~。

一応、ココロの中ではサラッと発音も確認するんですけど。

浅いせいか、どうしても途中途中でいい加減になってしまってるわけです。

こういうおぼえ方をした単語は、後で新聞なり雑誌なりをペーパーで見ると暗記しにかかっただけのことはあって、一応おぼえてはいるわけですが…


でもずっと後で、いざ会話をする段階やテレビニュースをきくとき等に、口から出しても耳から聞いても、なんかイマイチ自信を持てない。

「たぶんこうだろう」という類推で、その後も来ては流れさっていく会話についていこうとするわけですが、心の中に一点ついた不安のシミが気になって
後々に影響を及ぼすわけです。 

会話やリスニングが進むにつれ、その手の単語がポツポツと積み重なり、不安のシミがだんだん拡がってくる、わけですね…。


これはなんというか、「その単語そのものを完全に知らない」という状態とは、だいぶ気の持ちようが違うのですよ。
完全に聞いたこともない音、見たこともない単語にも当然出くわすわけですが。

これは知らなかったということで、その後つぶしていけばよいわけですし。
気分的には「知らなかったな~。よしオボエトコウ」という感じになります。

しかし「あれ?minutes って、スペルは書けるけど、ミニィッツだったっけ、それともマァイニューツだったっけ?」などと、うろ覚えのままでほかの単語に関心が移ってしまう、これはいけません。

読めるだけでは、使える語彙にはなりません。
使える語彙が自分の中に蓄積されてこなければ、自信にはつながっていきません。


血肉になる単語は、「自信をもって発音できる単語」なのです。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.