過去の全記事は⇒ サイトマップ

(5)「英語がペラペラ」を考える

「パターン化された会話や表現を大量におぼえる」というのが、英語ペラペラ族を目指すためのひとつの方向性だ、というお話の続きです。

自分がパターンとしてなげかけた言葉に、会話の相手が予想外の返答を返してくる場合、当然ありえますね。

そうなると、「勉強してないよ、わかんない~、ひ~!」となるわけですが(笑)

しかし、ですね。

およそ7~8割は、「想定の範囲内」古いですね、もはやこのフレーズも)の返事が、なにかしら返ってくるはずですよ。

スポンサーリンク



だいたい、心の内を深くおたがい見せあって、何でも話し合う間柄の人って、家族とか恋人とか長年の親友とかはもちろん除いて、そんなにたくさんはいないですよね、普通は。

ワタクシがわざわざ言うまでもないですが、日常であれビジネスであれ、どうしたってある程度、「相手との心理的距離感をはかりながら、会話を進める」ものじゃないですか。

日本語も英語も、いやたぶん普通にこの日本で勉強する外国語は、そこのところは同じなんじゃないでしょうか。
(ワタクシは英語以外は2言語しかかじってないんで、断言こそできませんが…。)

そうなると、大体の場合、返ってくる言葉も、パターン化を免れないわけですよ

なので、「AといったらB」というパターンがあったとして、「AといったらC」と、あるいは返事が返ってくるくらいの変化のバリエーションしかないわけです、たいていの場合は。

このBやCといったパターンをおぼえる前から、たとえば「Aといったら阿頼耶識」という予想外の回答にすくんでしまうことはないし、そもそもその手の心配のしすぎは体によくない、と思うわけですね。


続きはまたです。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.